切れ毛にNO!いつまでも美しい髪でいるための方法お教えします

こんにちは★

ジェイ・ウォーカースタッフYです!

季節も変わってヘアカラーも
変化させたい方も多いのではないでしょうか??

カラーの色もちについては前にも記事で
紹介しておりましたが、今日のテーマは

「切れ毛」

 

折角大切に伸ばした髪の毛も切れてしまったら大変!

今日はそんな切れ毛対策をご紹介します♪

★そもそも切れ毛はなぜ出来る?

主な要因としては

・シャンプー
・ドライヤー・アイロン・コテ
・紫外線
・乾燥
・枕などによる摩擦
・栄養不足 などなど

切れ毛とは、髪の途中でプチっと切れてしまった毛で
この切れ毛が増えると髪全体がまとまりにくくなったり
途中でツンツンとハネやすくなってしまう事があります。

様々なダメージや栄養不足などで髪が弱くなると
切れ毛が出来るとされています。

この厄介な切れ毛!!!
ここからは対策をご紹介していきます!


その①ブラッシング方法

 

ブラッシングは、まず最初に毛先をとかし徐々に
根元に近い所をとかすようにしましょう。
実は、毛先からとかす事はとても大切な事。
ブラシ頭頂部から毛先へ一気にとかすと、髪だけでなく
頭皮に負担がかかりやすくなります。

毛先が絡まった時はヘアオイルなどを指先に少し馴染ませて
手グシで優しくほぐしてからブラッシングしましょう。

 

その②シャンプー方法

まずは洗う前に丁寧にブラッシングをする事。
シャンプーの時に髪が絡むのを防ぎます。
その後、38℃前後のぬるま湯で髪をしっかりたっぷり濡らします。
熱すぎるお湯は、頭皮や髪を乾燥させてしまう事がありますので、ぬるま湯でしっかり頭皮・髪を濡らしておきましょう。

その後、髪の摩擦に気を付けながら
泡立てて頭皮の不要な汚れを落とすようなイメージで洗っていきます。

毛先は丁寧に洗うというよりも泡で優しく撫でるようにするだけでも
汚れは落ちますので頭皮を意識してみてください。
そしてシャンプーをしっかりすすぎます。

コンディショナー・リンス・トリートメント類は
毛先から塗布し、頭皮と比べて半分位までに留めましょう。
頭皮に付かないように要注意。

シャンプー同様しっかりとすすいでください。

その③ブロー方法

濡れた髪はデリケートでとてもダメージを受けやすいと言われていますので
濡れたまま放置はオススメ出来ません。

 

その④紫外線ブロック方法

1年中降り注ぐ紫外線にしっかりと対策しましょう。
・日傘、帽子、カーディガンなどで日を防ぐ
・紫外線対策のヘアスプレーやトリートメントなどを使用する
・髪をまとめる  など

特にアウトドアや屋外でのスポーツの時は
帽子を忘れずに!
頭皮は髪の毛を作る大事な場所
紫外線をしっかりブロックして健康な髪が生まれるよう
労わってあげてくださいね

その④就寝方法

寝ている間は無意識に枕やタオルで
髪が擦れていたりするんです…

摩擦を防ぐ就寝方法は
・髪をしっかり乾かす
・柔らかいゴムなどでゆるく結ぶ
・髪を頭の上側に上げる
・シルクの枕カバーやナイトキャップを使う  など

睡眠すぐに出来る対策として、ゆるく髪を結んだり、髪が頭の下敷きにならないように上にガバッと上げて枕に擦れないようにして寝る方法があります。

また、シルクのカバーや就寝時にかぶるナイトキャップなどを使うのも、摩擦を軽減させ、髪をいたわってくれるのでおすすめです。

ちなみに私は全上げするとクセがつきやすいので
起きたら大変な事になる事が多々あります。

ですが、ダメージを抑えられている実感もあるので
個人的にはオススメです♪

その⑤ 健康的な生活を心がける

 

全体的な栄養バランスを考えて、健康的な食事を取るように心がけましょう。
生えてくる髪が健康でないと切れ毛とは一生オサラバ出来ません…

・たんぱく質(豊富に含まれる食品:卵・魚・肉・など)
・亜鉛(豊富に含まれる食品:牡蠣・レバー・チーズなど)

コンビニのお弁当やファストフード、糖分・油分が多い食品を
よく食べているという方は、上記のような食品を意識して摂取されてください。

その⑥質の良い睡眠

 

睡眠は本当に大事。

お肌もまつ毛も睡眠不足だとしっかりしないのです。

・睡眠の環境を整える(電気を暗くする、枕元に携帯電話やPCなどを置かない など)
・寝る1時間程前は脳と体をリラックスさせる(軽いストレッチ、ぬるま湯に浸かる、テレビ・携帯電話を控える など)

こちらも前記事を参照してみてください。

その⑦スタイリング方法

 

①毛先をとかしてから髪全体を優しくブラッシングする
②切れ毛が気になる部分を軽く濡らしてヘアエッセンスなどをつける
③ドライヤーを適度に離して上からあてる
切れ毛 対策 ドライヤー 乾かす頭から20cm程離し、上から45度くらいの角度で髪にあてます。頭頂部~毛先へ向かってドライヤーをかけ、ブラシなどを使いながら全体的に優しく整えましょう。

上手くまとまらない方はプロの美容師さんに
現状を見て貰ってスタイリングしやすいカットをして貰うか
髪のクセに合わせたスタイリング方法を教えて貰うのがオススメです!

 


いかがでしたでしょうか?

折角綺麗に伸ばした髪も
切れ毛でブチブチ切れてしまったら大変です!

 

 

是非一度髪の毛のダメージと向き合ってみてはいかがでしょうか?

47 views

PAGE TOP