目がしわしわ、ごろごろ…つらいドライアイになる前の予防策!

皆さんこんにちは♪

ジェイ・ウォーカースタッフです!

やっとあたたかくなってきたと思っていたら
通り過ぎて暑くなってきているじゃありませんか( ;∀;)笑

それはさておき、あたたかくなると
外に出る機会も益々増え、アクティブに過ごす日も増えるハズ!

みなさん、目労わっていますか???

長時間のスマホ、パソコン、紫外線、コンタクトレンズ
様々な生活習慣により「目」は酷使されています。

これらは今日のテーマである

「「ドライアイ」」

を引き起こしてしまう場合があるんです。

「ドライアイ(目の乾き)」とは、なんらかの原因で目を保護する涙の量が少なくなったり、涙の成分バランスが変化したりすることにより、目が乾燥し、目の表面に傷などの障害が生じる状態のことをいいます。

先程言った生活習慣だけでなく病気や薬の影響等出る事もあります。

乾燥感や異物感やゴロゴロ感
目がかすんだり光をまぶしく感じたりかゆみを伴ったりと
人によってさまざまなんです。

更に、ドライアイによって
まぶたの裏側の「結膜」と言う粘膜が乾くと、まばたきをする際の摩擦が強くなり、まぶたの筋肉への負担が高まります。

結果、おでこにしわが寄ったり、まぶたがたるんでしまったりと
様々な悪影響になり兼ねません!!

今日はそのドライアイの予防方法をご紹介します!

 

①とにかく目を休ませる事を意識

作業に没頭したりしていると気が付けば一時間二時間
過ぎてしまっていた!なんてことありませんか?
理想は1時間に10分間の目の休息Timeを作ってあげる事です。

 

②目の周りの血行を良くする

蒸しタオル等で目の周りを温めると既にドライアイの方は
症状が和らぎます。
最近では目を覆うマスクタイプ等も発売しているので
自分のライフスタイルに合わせて選んでみてください。

 

③まばたきの回数を増やすよう意識

つい画面に没頭していると、つい無意識に
まばたきを忘れがちになってしまうんです。
潤いを保つ為にも意識的にまばたきを増やしましょう。

 

④コンタクトレンズの過剰使用を避ける
長時間コンタクトレンズを使用すると角膜や結膜に負担がかかります。
近年不衛生な保管やケアによるトラブルが相次いでいますので
正しく清潔に使用する事を心掛けましょう。

 

⑤加湿器やコップ等を使って室内の乾燥を防ぐ
冷暖房のついた部屋は空気の乾燥がひどくなりがち。
加湿器を付けたり、濡れタオルを干したり、コップに水を入れ
置いておくなどして加湿を意識しましょう。


普段から意識出来る事の多いドライアイ対策!

 

日々の積み重ねが大事なので是非参考にしてみてください♪

330 views

未分類

Posted by joy


PAGE TOP