夏までに退治したいっ!「ぽっこりお腹」の原因と撃退法とは?

こんにちは★

ジェイ・ウォーカースタッフYです♪

春は色々とイベント事がい~っぱいありますよね(*´ω`)

真冬と違ってどんどんファッションも
軽くなっていきますね( ^)o(^ )

ボディラインも隠しきれなくなってくるんですよね…

というわけで本日のテーマは

「ぽっこりお腹」

 

 

 

 

急に出現した!!
って事がありがちなのもこのパーツ

では。まずポッコリお腹の原因をご紹介します!

 

①筋力の低下

大人になると急に運動不足という壁に当たりますよね…

お腹周りの筋肉の量が低下することで内臓が支えられなくなって
腹部まで落ちてくる「内臓下垂」

血液の巡りが悪くなり、身体の代謝が下がって脂肪が付きやすくなってしまうんです。

背中の筋力が低下し、猫背になると更にポッコリお腹に…

 

 

②骨盤のゆがみ

内臓を支えている骨盤のゆがみも、ぽっこりお腹の原因に。

ゆがみの原因として

うつ伏せで寝る
・バッグをいつも片側にかけている
・脚を組んで座る

などが挙げられます。

特に女性は骨盤がゆがみやすい体質であるため、より注意が必要なんです。

 

 

③腸に便やガスがたまっている

女性が悩まされることの多い便秘も大きな原因の一つ。

便だけなら、お腹は少し膨らむ程度で、それほど見た目に影響はありません。
しかし、この腸内に残った便が腐敗し、発生させるガスが問題なのです。

腸内では悪玉菌が、高脂肪・高たんぱくなものをエサとして好みます。
便秘で溜まった便が、悪玉菌にエサとして取り込まれると、ガスを発生させます。
こうして発生したガスが腸内に溜まると、便とともに下腹部を張るように膨らませる原因となってしまいます。

 

 

それではここから
にっくきぽっこりお腹の原因を撃退する3つの方法をご紹介します。

毎日コツコツが基本なので
是非試してみてくださいね♪

 

 

①エクササイズ

 

 

とにかく筋力アップを頑張りましょう★

・腰関節を動かす筋肉を鍛えるお尻歩き

・内臓回りの筋肉を鍛える腹筋

・猫背を改善する背筋

などなど。筋力アップをすれば代謝も良くなるので
とっても大事なのです!

インナーマッスルも含めて鍛える事を意識しましょう。

 

②ストレッチ

 

 

実は主にももを刺激する運動が効果的と言われています。

ももの表が張っていて、裏側がたるんだ状態にあると
下腹部に脂肪がつきやすくなってしまうんだそう。

 

<やり方>
・脚を伸ばして座ってから、片方の膝を折り曲げて、かかとをお尻に近づけます
・筋を伸ばすことを意識しながらその体勢をキープします
・20秒キープ×3セットを行います

 

 

③食事

 

 

主にガスが溜まっている場合に非常に有効なのです。

 

★食物繊維を摂る

食物繊維を摂ることで腸内の環境をすっきりさせ、お通じなどがよくなります。
多く含まれていると言われているのが
枝豆、ふきのとう、ブロッコリー、ほうれん草、モロヘイヤ、糸引き納豆、海藻類全般などなど。

ただし、摂り過ぎてしまうと悪玉菌のエサとなってしまい
かえって腸内のガスを増やしてしまうのでバランス良くが大切。

★ヨーグルトを摂る

ヨーグルトには多くの乳酸菌が含まれています。
乳酸菌はいわゆる善玉菌と呼ばれ、腸内に入った善玉菌は悪玉菌を倒してくれます。ヨーグルト以外にも乳酸菌を多く含んだ食品があるので、あなたにあった食品を選びましょう。

★発酵食品を摂る

腸内の悪玉菌を減らしてくれるのが発酵食品。
キムチ、納豆、チーズ、漬物、ピクルス、味噌、塩こうじ、かつお節
などなど

 

 

意識して動くだけでも効果が分かりやすいポッコリお腹

是非この機会に頑張ってみませんか( ^)o(^ )??

241 views

PAGE TOP