ノンカフェイン低カロリー、さらにイイこと尽くめ!『コーン茶』のススメ

こんにちは★

ジェイ・ウォーカースタッフYです!

最近友達からコーン茶を頂きました♪
それも箱でドドーンと!(笑)

早速おうちに帰って淹れて飲んでみたら
ウヒョー美味しい((((oノ´3`)ノ

韓国料理屋さんで飲む事はあっても中々家で
飲んだ事が無かったのでとっても新鮮。

ただ、美味しい美味しくないがあるので
好きな味を見つけるのも楽しみの一つかもしれませんね★

 

そもそもコーン茶とは何?

 

 

知らない方も居るのではと思い、まずはこのコーン茶についてをご紹介。

コーンはご存知「とうもろこし」

そのとうもろこしの実やひげから作られたお茶でありノンカフェインで超低カロリー。
香ばしくて美味しいし体に良い事盛り沢山なのでとっても人気なんです。

では、ここからはその体に良い事とは何なのかをご紹介。

 

①脂肪排出効果

脂肪排出効果があるのだそう。
黒烏龍茶などでも体に脂肪がつきにくいと謳われているものがありますが
体内に蓄積されてしまった脂肪を、排出させる作用があると言われています。

 

②便秘解消効果

食物繊維がたっぷりと含まれています。
このため、お通じを正常化させる働きがあると言われています。
以前の記事にも書きましたが、食物繊維は便秘解消にとっても大事なんです。

 

③疲労回復効果

鉄分が多く含まれているので貧血にも◎。
鉄分はホウレン草などで有名ですが、中々摂取するのも難しいのです。
貧血だけでなく疲労回復に効果的です。

 

④血糖値のコントロール効果

血糖値が急上昇することを防ぐ効果があるそうです。
食事と一緒にコーン茶を飲むことで太りにくい体を維持することができます。
健康の為にもオススメなのです。

 

⑤冷え性改善効果

新陳代謝を活発にする働きがある為、血の巡りがよくなり
血液循環がうまくいくようになり、冷え性改善効果が期待できます。
冷えは大敵デス!!

 

 

 

どうでしょうか?
良いことづくめでありませんか?

 

 

飲み方は簡単。

 

①食前に飲む

食前ダイエットとして、食事をする前にグラス1杯のコーン茶を飲みます。
満腹感が得られて、食事の量を減らすことができます。

②食事の最中に飲む

コーン茶には脂肪を体外へ排出する効果があります。
このため、特に脂っこいお料理を食べる際に、コーン茶を飲みながら食べると良いでしょう。
ウーロン茶もそうですよね。血糖値の急上昇も防いでくれます。

③自由に飲む

コーン茶はノンカフェインで超低カロリーです。
カロリーは100ミリリットル当たり1キロカロリーなので、ほとんどゼロに近いです。
このため、何も気にせず普段のお茶代わりに飲むことができます。血液循環も良くなり、基礎代謝アップにもつながりそうです。

 

韓国ではよく飲まれているお茶ですが
本場では砂糖などを入れて飲むことも多いそうです。
ダイエット目的で飲まれる方は砂糖は入れない方が良いでしょう。

妊娠中も飲めるコーン茶ですが、カリウムが多く含まれており
利尿作用があります。
不安がある場合は、担当医師に確認するのをオススメします。

 

 

 

いかがでしたか??

とうもろこしのお茶であるコーン茶

是非お手軽に楽しめるので試してみてはいかがでしょうか(^◇^)

331 views

PAGE TOP