唇の皮がむける…ボロボロ唇にSTOP!その原因と改善法を知って美しい唇を作る!

 

こんにちは★

ジェイ・ウォーカースタッフYです♪

最近間を見つけては昔ハマっていた趣味を
懐かしみながら始めてみようかな?
どうしよっかな?とか考えながらも
ただ時間だけが過ぎているのではと気づいたYです。

さて今日のテーマは

可愛い女子の大事なポイント「唇」の
誰でも困っちゃうあの悩みについて

唇って顔のパーツでもかなり重要度高いんですよね!

紅を差したらなんちゃららって
昔から重きを置かれてきたパーツ

そんな唇ですが、皆さん。

皮…剥けた事はありませんか??

特に今のこの時期。剥ける人続出ですよね!!

唇の皮が剥ける原因には様々な要因があります。

大きな要因を4つに分けると

★リップクリーム
★乾燥
★食生活
★ストレス

が関係してくるんです(´・ω・`)

 

★まずはリップクリーム

リップクリーム自体に実は唇に刺激を与えてしまう成分が多少は含まれているんです。
例えばUVカット成分。紫外線から唇を守ってくれますが、唇にとって刺激となり得る成分です。

屋外ではUVカット成分入りの物を、屋内ではなるべく刺激が少ない成分で構成されている物を
使い分けるのもオススメです。

必要以上の量や頻度でリップクリームを塗るのもNG。
良かれと思って使っているのに逆効果になるのも避けたいですね。

★次に乾燥

唇は汗腺や皮脂腺がないので自発的に皮脂膜を作ることができません。
皮脂膜があると唇の水分が蒸発するのを抑えてくれるのですが、それができません。

皮膚自体が薄いので水分を留めておく力も弱く、薄い分、風や紫外線など外的要因で乾燥してしまう場合が多いです。
乾燥して唇を舐める行為もNG。余計に乾燥させることになってしまいます。

★そして食生活

胃に負担がかかってしまうと唇の荒れや乾燥の原因になってしまいます。
食べ過ぎや辛いものなどの刺激物には注意するようにしてください。
コレは唇だけではなく口内炎等にも言えますね(´・ω・`)

負担だけではなく、栄養バランスの良い食事を心掛けましょう。
特にビタミンB2不足は唇の乾燥を進ませ、皮が剥ける原因になります。
ビタミンB2を多く含む食品には


レバー
納豆
ほうれん草
ブロッコリー
うなぎ

などがあります。

 

★最後にストレス

ストレスも唇に良くありません。疲労や喫煙などによってストレスがかかってしまうと、胃の調子を悪くしてしまいます。
それに加えて肝機能の低下によって唇が乾きやすくなります。


 

唇が剥けちゃった…というあなた。

そんな時はワセリンがオススメ

ワセリンを朝と夕方、ご飯後ごとに塗る。

グロスや刺激の強い口紅我慢。
口紅を使う時はワセリンと混ぜるのもオススメです。

界面活性剤の強いクレンジングを使うのは避けましょう。
出来るだけ肌に優しいものを使うのがベター。

オリーブオイルで落とすのもオススメ

 

剥けると皮がめくれて気になるし
めくってしまうと血が出てしまう事もありますよね…涙

皮が剥けないように気を付けるには
自分にあったリップクリーム選びが重要になってきます。

普段使うリップクリーム選びはとっても大切なポイント。
自分に合っているリップクリームを選ぶ必要があります。

UVカット成分で荒れは起きていないか
匂い・テクスチャーは自分が心地良いと思うものか

必要以上に塗る頻度や量が多いと、逆に唇に刺激を与えすぎてしまい乾燥や荒れの原因になりますので
あくまでも「適度に」を保ちましょう。

唇を舐めてしまう。
手でこすってしまう。
こんなクセがある人は要注意

負担がかかってしまう為
是非頑張って治しましょう!

 

かなり印象を左右にする唇
この機会に労わってあげてはいかがでしょうか??

412 views

PAGE TOP