美容・健康にダイエット効果も◎!ぜひ飲んでほしい「リンゴ酢」の魅力とは??

こんにちは、ジェイウォーカースタッフNです!

最近「リンゴ酢」を毎晩1杯飲むのにはまっているのですが、
特に食べ過ぎた日やこってりしたものを食べた日には
「リンゴ酢」飲まないと!!!
と思うくらい

もたれたお腹がすっと軽くなるんですよね…♦+;’

実はそれだけでなく、
美容や健康などに良い事がたくさんあるんです!

お酢は最古の調味料!

リンゴ酢の素であるお酢は世界最古の調味料と言われており、いまや数多くの種類のお酢が存在していますよね。
リンゴ酢は、りんご果汁に酵母を加えたリンゴ酒を酢酸発酵させたお酢で、フルーティーなお酢です。
飲み物にだけでなく、サラダのドレッシングや、ピクルスなどの料理にもよく使われる、口当たりの良いお酢になります。

ダイエット効果◎脂肪を溜め込まない体へ!

リンゴ酢に含まれるクエン酸は、代謝を良くする働きがあります。
その為、痩せやすい体がつくれるのです。
さらに、お酢に含まれているアミノ酸には脂肪を分解する働きがあるため、脂肪が体内に蓄積されるのを防いでくれます。
食事中にリンゴ酢を摂れば食後の血糖値の上昇を抑えるため、インシュリンの分泌を抑えることができ、新たな脂肪がつくのを防いでくれます。

リンゴ酢ダイエットの効果を得るには、食事中または食後の摂取がおすすめです!

夏バテも怖くない!疲労回復効果

お酢は豊富な有機酸から成り立っており、その中にはクエン酸はもちろんのこと、
酢酸、アミノ酸、リンゴ酸、コハク酸があります。

これらは、

・血行を良くする
・夏バテ予防
・免疫力を高める
・疲労回復
・筋肉痛を和らげる

などの効果があります。

より効果を高めるためには、豚肉やウナギのかば焼き等ビタミンB1を含む食品と一緒に食べ合わせると良いそう!

つるつる美肌

リンゴ酢は美肌を作るうえで必要不可欠なビタミンCを保護する役割を持っています。
そのため、シミそばかす予防にもぴったりです。

野菜や果物などで、ビタミンCをしっかりとったらプラスαでリンゴ酢を飲むように心がけると、
より効果的に美肌に近づけるはずです!

整腸作用

りんごが持つアップルペクチンは善玉菌を増やし、腸のぜん動運動活発にしてくれます。
また、有機酸が持つ悪玉菌を抑える効果も整腸作用に一躍かっています。
頑固な便秘でなかなか出ないとお悩みの方には特に、一度お試しいただきたいものです!
リンゴ酢をヨーグルトにかけて食べるとさらに便秘解消効果がUPします!

むくみ解消

リンゴ酢に含まれるカリウムには利尿作用があるので、
むくみを解消し、さらに高血圧も予防してくれます。

むくみが気になるときにはもちろん、むくみの原因となる
塩分を摂り過ぎた…!という日には積極的に摂取したいですね!

骨粗鬆症予防

カルシウムは摂取しても全部は吸収されるとは限らず、失われることもあるものなのですが、
お酢に含まれるクエン酸はカルシウムの吸収率を上げてくれる効果があります。
特に女性は更年期を過ぎたころから、骨粗鬆症になるリスクが高まります。
その予防策としてカルシウムとリンゴ酢を合わせてとるようにするのもおすすめです。

続けることで糖尿病改善も!

リンゴ酢に含まれる食物繊維、ペクチンは糖尿病予防に効果があると言われています。
しかし全ての糖尿病に効果があるというわけでなく、特に2型糖尿病の方に効果があるそうです。

毎晩小さじ2杯のリンゴ酢を飲むことで、翌朝のグルコース値の低下に期待できます。

注意したい飲むタイミングや飲み方!

お酢なので、食前、空腹時に摂取すると強い酸性によって胃を痛めてしまう可能性があります。
ある程度食べ物を口にしてから、飲むようにしましょう。

また、リンゴ酢でダイエットを行ううえで、リンゴ酢は食事中、食事後であればどちらで飲んでも大丈夫です。
サイダーや炭酸水で割る場合には食事中の方がおすすめです。(沢山食べなくても満腹感を感じやすくなるので!)

<リンゴ酢ダイエット1日おすすめ摂取量>
リンゴ酢          30ml
水(サイダーor炭酸)    180~210ml
ハチミツor砂糖       お好みで

これを1日3回に分けて飲むと良いでしょう。

361 views

PAGE TOP