ただプールで遊ぶだけじゃ勿体ない!?「水泳」で超効果的ダイエット★

こんにちは★

ジェイ・ウォーカースタッフYです!

最近バタバタし過ぎてテレビを見れていない私…
時代についていけてない感が凄いです( ;∀;)

でも最近はスマホという魔法の機器があるので
情報取得はなんのその。

でも、スマホをいじるだけでは「痩せません」←そこ?

 

 

 

さあ、万年ダイエッターYのダイエットにまつわる

今日のテーマは

「水泳」について

 

 

縁のある人もない人もコレを見れば泳ぎたくなるハズ???

実は「水泳」ダイエット

効果がめーーーーっちゃ高い全身運動なんです!

 

平泳ぎやクロールや背泳ぎ、水中ウォーキングなどがありますが
どれも消費カロリーはとても高いので、脂肪燃焼引き締めを目的とするなら
かなりオススメなんです★

勿論泳げなくても大丈夫!
水中を歩くだけでも、陸上を歩くより水の抵抗の負荷がかかり消費カロリーは倍増しますので、同じ運動時間でダイエット効果は何倍にもなるんですよ★

その中で普段と同じような動きや泳ぎをすることによって、全身の筋肉をバランスよく使うことができるのです。

健康的に痩せるには、全身の血流を良くし、体の中の老廃物を外に出すことが大事。
デトックスってやつですね!

老廃物が溜まった体は、一度つくと取るのが難しいと言われるセルライトができてしまったり、冷えの原因になることで栄養が隅々まで行き渡らなくなり、どんなに頑張っても痩せることができないという悪循環をもたらします。

そこで効果的なのが水泳ダイエット
水の力はすごく、水中に入るだけでなんと、1.3トンもの圧力がかかります。
その大きな水圧が動くことによって全身がマッサージされ、血流が良くなり老廃物を外に押し流してくれるのです。
高いお金を払ってエステに行かなくても、水の力だけで血流を良くし健康的な体が手に入るのです。
また水には浮力があるので、陸上で行う運動のように足腰に負担をかけることなくダイエットができるというのも魅力でしょう。

良い事づくめですよね(‘ω’)ノ

 

オススメは「平泳ぎ」

 

 

水泳ダイエットは自由に好きな動きや泳ぎ方をしてカロリー消費をすればいいものなんですが、その中でもオススメなのは「平泳ぎ」

平泳ぎは、他の泳ぎ方と比べて楽に泳ぐことができます。
ダイエットや筋トレは、激しい運動を短時間するのではなく、軽いものを長い時間する方が効果があるものです。
水泳ダイエットの場合も同じで、基本は「30分以上ゆったりと泳ぐこと」です。
クロールや背泳でも、ゆっくりと長い時間泳げればいいのですが、動きが大きく、フォームも乱れやすいことを考えると、誰にでも比較的泳ぎやすいのが平泳ぎなのです。

実際、同じだけの時間泳いだ場合、もちろん激しく全身運動するクロールの方が消費するカロリーは大きいです。しかし、間違ったフォームで長い時間泳いでもカロリー消費の効率も悪くなりますし、余分な筋肉を増やしてしまうだけなのです。
浮力を上手に使って、大きく手足を動かす平泳ぎで、楽しみながら行いましょう。

 

即効性なら「クロール」

 

 

「誰でも簡単に正しいフォームで長時間」というのは難しいですが、ゆったりとクロールできる人は最も効率がいい泳ぎ方でしょう。

何と言っても消費カロリーの高さがすごいんです。
性別や年齢によって差はありますが、一時間クロールした時の消費カロリーは最大で1300キロカロリーにもなるそうです。

日常の生活や普段の運動ではなかなか難しい数字です。この消費カロリーの高さがクロールの大きな魅力です。水泳ダイエットでは「のんびりクロール」をすることがポイント。

200メートル泳いだあたりから脂肪が燃焼しやすい状態になりますので、それ以上の距離を泳ぐことが必要です。「疲れて泳げない」なんてことにならないようにするには息継ぎの仕方が大切です。

水中で鼻からゆっくり息を吐き、顔を出した時に軽めに息を吸うことにより全体に酸素がいきわたり、しっかりと有酸素運動をすることが出来るでしょう。

 

効果的なメニューは?

 

 

水泳ダイエットの利点は、「誰でも無理なく出来ること」です。
ウォーキングやランニングは体重がオーバーし過ぎた人がする場合、足腰に大きな負担がかかってしまいます。

また、陸上では全体の重さが下半身にかかるのでどうしても足の筋肉だけが逞しくなりがちです。
その点、水中では浮力で重さが軽減されるので全身に満遍なく綺麗な筋肉をつけることができます。

効果的なメニューですが、筋肉をつけたいのか、脂肪を燃焼したいのかによって変わってきます。
全身の筋肉をつけて引き締めたい人の場合、平泳ぎやクロールをゆっくり長い時間するのが効果的です。特に平泳ぎは腹筋が鍛えられます。

脂肪を燃焼したい人の場合、まずは水中を大股で歩きましょう

水の抵抗がある中で歩くことによってマッサージ効果が得られますし、歩くだけなので疲れにくく、長い時間継続することが可能です。
水温は低いので、体は脂肪をエネルギーに変えて温めようとしてくれます。
水の中に入るだけでもカロリーが消費されるので、初心者の人は難しく考えず、まずは一時間ほど水中さんぽを楽しんでみるといいでしょう。

 

どのくらいの距離を泳ぐ?

 

 

水泳ダイエットでは、どれくらい泳げば効果が出るといったハッキリとしたことは決まっていません。
理由としては、性別や体型の違いによって、効果が出る距離が変わってきますし、正しいフォームが出来ているかにもよるからです。

有酸素運動なので他のダイエット同様、長時間続けたほうがより効果的なのですが、正しいフォームでないと短時間しか泳ぐことができなかったり逆にあまりにも長い時間泳いでしまって脂肪を減らすどころか大きな筋肉がついてしまったということもあります。

一番いい方法は、まず水中ウォーキングから始めてみること。

徐々にウォーキングの時間を伸ばしていき、慣れた頃に泳ぎに変えてみるといいでしょう。
泳ぐときも短い距離から徐々に距離を伸ばしていくことによって、体に無理な負担をかけることなく効果的にダイエットができると思います。

また、何度も書いたように、正しいフォームでないと効果は薄れてしまいます。
正しいフォームを身につけることが大事です。
不安な方はジム等のインストラクターに教えて貰う等して
無理に自己流をしてケガをしないよう要注意です!

 

いかがでしたか?

水泳は痩せるだけでなく日頃のストレスを解消出来たり
リラックス効果もありますので、消費カロリーの数字にとらわれず
是非楽しんで取り入れてみてください( ^)o(^ )

203 views

PAGE TOP