紫外線からうけたダメージは戻らない!あなたは髪の毛のUVケアちゃんと出来てますか?

 

こんにちは♪ジェイウォーカースタッフAです。

昨日はお仕事終わりに友達とご飯に行き
色々本音で語り合いすごく共有できた夜を過ごせ満足した気分で寝れたAです^^

ただいくら話しても話し足りなくて一生喋ってられそうです(笑)

気持ちを共有できる友達、仲間がいることにとても嬉しく幸せだなぁと思います。

いつまでも大事にしたいなぁと思います。

話足りないので延長戦ということで近いお休みに遊ぶ約束をして解散しました(笑)

 


 

さて今日は、

髪の毛のUVケアについて

 

ご紹介致します☆

皆様髪の毛のUVケアってされていますか??

私は、髪の毛どころか・・・・・という感じでございます(笑)その先はいいません、言えませんが正解か。

 

実は髪の毛は、顔の5倍以上も紫外線のダメージを受けています!!!!!

えーーー!!!って感じですよね。ご存知でしたかこの事実。(笑)

 

髪は「ケラチン」というたんぱく質が主な成分となっていて、18種類のアミノ酸が結合し合う事で形作られています。

紫外線は、このアミノ酸同士の結合(シスチン結合)を切断して髪の強度を弱めキューティクルにもダメージを与える事で、

髪内部のたんぱく質が流出する原因を生んでしまいます×

 

そうすると!!

 

 

  1. 髪にハリやコシがなくなって髪の毛が乾燥しパサついてしまいます(涙)
  2. 枝毛や切毛が増えてしまいます(涙!涙!)
  3. キューティクルが傷つき、ツヤがなくなってしまいます(涙!涙!涙!)←この文字感なんか可愛い

 

髪の毛はお肌と違い修復・再生する能力がないので、

紫外線からダメージを受けた髪は元に戻る事はありません。そうなのです。髪の毛は既に死んでいるのです←

綺麗な髪を維持するためにはしっかりUVケアをしなくてはいけません!

 

 


 

『髪の毛のダメージを防ぐ方法』

 

簡単手軽なのでぜひ試してくださいね^^

①トリートメントやコンディショナーで髪をコーティングしてあげる!

スプレータイプの洗い流さないトリートメントがオススメです☆

今年は数多くスプレータイプの日焼け止めや、髪の毛のトリートメントスプレーが出ていますよね。

紫外線を防ぎながら、さらさら+つやつや髪になるし、お出かけ前にシューっとスプレーするだけだから手軽だし、時点ですよね^^

②帽子や日傘で髪の毛を防御する!!

紫外線から髪を守るためには、やはり紫外線に当たらないことが1番です!

そのためには日傘や帽子普段から使用することがいいですね。日傘の場合は濃い色の厚手の布のものを選ぶと安心です。

反対に帽子は黒い色だと熱がこもり頭皮が蒸れやすくなってしまうので全体的に通気性の良いものをおすすめします☆

 

 


 

『紫外線を浴びてしまったあとのアフターケア』

 

今からでも全然手遅れではあーりません!

キーワードは◎まごわやさしい◎です^^孫は優しいって覚えましょ!←

 

①ま・・・豆類

 

髪の毛に必要なタンパク質とマグネシウムを補う事ができます。

その他に鉄分やカルシウム、ミネラルや、若返りのビタミンとされているビタミンB1やビタミンEを多く含み、

血流を良くするサポニンも多いので髪に栄養がまわりやすいです☆

 

②ご・・・ごま類

 

活性酸素は老化の原因!ごまはそれを×抑制します×

ビタミンE、カルシウム、鉄分が含まれています!

 

③わ・・・わかめ(昆布などの海藻類)

カルシウムなどミネラル補給に!昆布ももちろん!

 

④や・・・野菜類

ベータカロテンやビタミンAやビタミンCが豊富な緑黄色野菜。

根菜類で体を温、血流を良くすることも育毛にとってはとても大切です☆

 

 

⑤さ・・・魚類

 

現在大注目、大ブームの脂肪酸。

魚の脂はEPAやDHAをとても豊富に含んでいます。

肉より魚が髪には良いですよ!

 

 

⑥し・・・しいたけ

しいたけには食物繊維も多く含まれているのでデトックスに良いです!

身体の細胞を綺麗にして、良い体液、血液を体中にめぐらせてくれます◎

 

⑦い・・・いも類

食物繊維!と~っても大事ですよね☆

ビタミンCとビタミンE、食物繊維がとにかく豊富です!

 

私が好きな食べ物だらけだ←

まごはやさしい食べ物は髪の毛にもすご~く優しいのです◎

 


 

髪の毛の主成分は含硫アミノ酸などのタンパク質で、肉・魚・卵・大豆などから摂取することが出来ます。

特に大豆や豆腐、納豆などは良質な植物性タンパク源で、女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)と似た働きをするイソフラボンも含まれているため、適度にとって頂きたい食材です♪

とはいえ、植物性たんぱく質の吸収率は、動物性たんぱく質の2分の1から3分の1しかありませんので、卵や魚、鶏肉などの良質な動物性たんぱく質食品もしっかりとることが大切です。

また、アミノ酸の中のコラーゲンは、髪につやとコシを与えてくれます。

植物性のコラーゲンは納豆・ナメコ・オクラなどに豊富に含まれています。

とにかくバランスの良い食事をとることは髪の毛にもとっても良いのです!!!!

 

 

内側のケアってなかなか効果がすぐには分からず、本当に効いているのかな?と不安になることがありますよね。

でもやっぱり内側からのケアがとてもとても大事なのです。

髪の毛はもちろんですがお肌も身体も何よりも一生のお付き合いですからね。良いこと言いました私。

 

ぜひ、髪の毛のUV対策今年は一緒にしましょー!☆

 

192 views

PAGE TOP