夏時期に食欲がない~と感じやすいのはなぜ??夏バテ前のサインかも…!!?

こんにちは、ジェイウォーカースタッフNです!

最近食欲があまりなく、スイカ以外食べたいと思う物もなく、、、

毎食メニューを考えるのが面倒に感じている今日この頃です。

皆さんはどうですか??夏場は特に

一日1食でいけるわ~

みたいな時期ありません!???

夏に食欲が減退するのはなぜ??

秋、冬に食欲はあるのに、夏にはあんまり…
それには理由があったのです、、、

暑くなると基礎代謝が落ちる

夏は汗をかき、体力をいっぱい使って代謝量もUPしているような気もするかもしれませんが、
実は、冬と夏は真逆なほど、基礎代謝量が違います。

寒い体を温めようとする方が、たくさんのエネルギーを使い、基礎代謝を上げていきます。
逆に、体を温める必要がなくなる暖かい季節は、基礎代謝が激減していきます。

基礎代謝が落ちるということは、熱を作り出す機能が減り、その分エネルギーを必要としなくなるということなのです。

エネルギーが必要ない夏

基礎代謝が上がると、エネルギーの消費が大きくなり、その分お腹も減りやすくなります。
秋や冬の寒い時期に食欲が増える理由がよくわかりますね!

その他にも、原因が…

交感神経が活発になる

暑い時期に起こる自立神経の乱れが原因の場合もあります。
もともと食欲を感じる時には、副交感神経が優位になって「おいしいものを食べたい!」という欲求がわいてきます。
しかし、気温が上がり、体内の熱が上がってくると交感神経が優位になってきます。
こうして副交感神経の働きが弱まると、内蔵機能の低下、消化機能の低下によって、
体自体が食べ物を受け入れにくくなっていることがあります。

冷やしすぎによる内蔵機能の低下

食欲がないからと、ついついフルーツやアイスなどの体を冷やすような食べ物を食べていると(←まさに私!)、
余計に内蔵機能を低下させ、食欲不振になってしまいます。
また暑いからと冷たいドリンクを一気に体に流し込むのも、胃腸の機能低下を起こしてしまいます!
クーラーで冷やし過ぎた部屋にいるのも、外との温度差により体温調節が出来なくなり自律神経の乱れを引き起こすこともあります。

食欲がないからと放っておくと…夏バテが悪化!!

食欲がないからとあまり食べないでいると、栄養が取れずに体がだるくなったり、
めまいや吐き気をおこしたりと、とうとう本格的な夏バテに…!!
クーラーの効いた部屋から出られない状態になってしまいます!
夏バテが進行しないように、普段から栄養補給をするよう心がけましょう。

私も気を付けないとと改めて思っています(汗)

皆さんも、くれぐれも夏バテにはお気をつけください!

273 views

PAGE TOP