歯は一生もの!大人の歯列矯正の選び方!

こんにちは、ジェイウォーカースタッフNです!

最近すんごく悩んでいるのが、
歯の部分矯正!

私の家系はどちらかというと歯が大きめで、
尚且つ父の顎の小ささを受け継いでしまった私は、
もちろん、大きな歯を綺麗に並べられるだけの
ポテンシャルを持ち合わせていません。。。

下前歯はまだ見えないのでまだ良いのですが、問題は右上の八重歯!!
昔から気にはなっていたものの、
小学生時代、友人が歯科矯正で通院日が来る度に
この世の終わりのようなテンションになっているのを見てると
これはちょっと…(´;ω;`)

それにお金もとてもかかりますし、
諦めていました。

自分で少しは稼げるようになった今、矯正について改めて詳しく調べてみると、
選択肢はこんなに多くあるのか!と驚きました。

ブラケット矯正(表側)

一般的に矯正といえば思いつくのがこのタイプ。
歯の表側に「ブラケット」という小さな器具をつけます。その器具にワイヤーを通し、少しずつ引っ張って歯列を整えていきます。
最近は銀色のものではなく、「ブラケット」に透明か白い素材、ワイヤーは白を選ぶことも出来るので(歯科医によっては選べません。)
ひと昔前より目立ちにくくなっています。

<メリット>
・歯の動きが比較的早い
・ワイヤー調整時の負担が少ない

<デメリット>
・見た目の悪さが気になりやすい
・隙間に食べ物が挟まりやすい
・虫歯や歯周病になりやすい

<矯正にかかる期間>
・2~3年

ブラケット矯正(裏側)

ブラケット器具を、派の外側でなく、裏側(舌側)に装着するタイプ。
見た目には矯正していることがわかりにくいですが、技術的には難しく、費用も表側に比べ高くなります。

<メリット>
・矯正していることがわかりにくい

<デメリット>
・表側にくらべ歯の動きが遅い
・舌が器具に触れてしまう(特に下歯の場合)ので、口の中で違和感が生まれる、舌が傷つき痛くなる場合もあるそう。
・話しずらさを感じる場合がある。特に「S」の発音がしにくくなる。
・虫歯などのトラブルを招きやすい

<矯正にかかる期間>
・3年程度

マウスピース矯正

マウスピースの矯正タイプ。
多少のずれを直すときには適しており、ひどい乱ぐい歯や出っ歯といった歯の大きな移動が必要なケースには向いていません。
取り外し可能なので、アナウンサーやお仕事上よく人に見られる方に好まれています。

<メリット>
・外して洗えるので衛生的
・食事中には取り外すことができる
・歯磨きが通常通り行える

<デメリット>
・見た目を気にしてつい外しがちになる
→外している時間が長くなるほど、矯正にかかる期間も長くなる

<矯正にかかる期間>
・3年程度

クイック矯正

既存の歯に白いセラミックをかぶせ、噛み合わせを改善するタイプ。
セラミックをかぶせる為に、健康な歯を削ったり、神経を抜いたりする場合があり、処置によっては歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。
1本につき7~15万程度の費用が掛かります。

<矯正にかかる期間>
・1~3か月程度

部分矯正

特に前歯の並びを整える矯正のこと。
前歯だけにブラケット矯正をしたり、マウスピースを用いたりします。片顎のみよりさらに費用を抑えることができます。
ブラケット矯正の場合、基本的に前歯の6本に器具を装着します。矯正にかかる期間も短いです。

<矯正にかかる期間>
・3か月~1年程度

 

大人の矯正のリスク

矯正に痛みを伴う

大人の歯は、子供の歯に比べて、既にしっかりと位置が固まっています。
その状態から歯を動かしていくので最初のころはかなり痛みを感じることが多いようです。
徐々に痛みは治まってきますので、鎮痛剤を服用するなどの対処をしていきましょう。

歯や歯茎にダメージが出ることもある

骨が固まっている大人の歯の場合歯列矯正を施しても歯が動かない場合があります。無理に移動させようとして、移動させたくない歯が動いてしまったり、歯の周囲の骨が溶けたりすることがあります。
その場合は歯を移動させるのではなく、被せ物を使う方法などで対処します。

また、矯正中は歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすいため、必要以上に歯をゴシゴシと磨いてしまし、歯の表面が削れて象牙質が露出してしまう場合があります。そうなると知覚過敏の症状が出てしまいやすくなります。
数日たっても症状が続くようであれば歯医者さんに相談してみましょう。

移動が完了しても戻りやすい

子供の矯正に比べ、動かした後に戻ろうとする力が加わりやすいのが、大人の矯正の特徴です。
動かした後の位置でしっかりと歯並びが固定できるように、矯正後も保定装置というものをつけます。
定着までに3~5年かかる場合があります。

 

海外は日本に比べて歯並びを重視する人が多く、
アメリカの地域によっては約50%の人が歯列矯正をしているほどだそう。

歯の状態を見てどの方法が自分に向いているかなど、今は初回診察料無料でカウンセリングをしてくれる歯医者さんも多いので、
まずはそこからスタートしてみるのも良いかもしれません。

私も、近いうちに歯医者さんに相談に行ってみようかと考えています!w

397 views

PAGE TOP