リップメイクって色々あるけど…結局どれが自分に合うの?選ぶポイントをご紹介♡

こんにちは♪ジェイウォーカースタッフAです。

本日は口紅・リップグロスの選ぶポイントについてご紹介致します★

 

 

 

皆様、普段口紅や、リップを買うときに何を重視して買っていますか??

私は自分の顔色に合う色とマットリップは絶対私の顔には合わないので
色と唇にのせた時の質感で選んでます^^

なのであまりビビッときたものしか買いません。

今は、空港の免税店でビビッときたものがあったので延々それをリピートしています。

さて話を戻しましょう!

 


 

 

唇の構造は皮膚とは異なり、

皮膚幕、角層が極めて薄いため、水分蒸発速度が早く、角質水分量も少なめです。

スキンケア同様、口紅においても唇のモイスチャーバランス(水分、保湿剤、油分の適正なバランス)を整えるさまざまな工夫が必要です★

 

構成成分

固形の口紅、液状のリップグロスなどの剤型やそれぞれのテクスチャーは、
配合されている顔料と油性成分の量、さらに粘度とのバランスでその性質が大きく変わります。
とくに口紅の処方は約9割程度、油性成分が使われているため、粘度の高い油性成分を多くすればこってりとした質感になり、少なくすればみずみずしい印象になります♪

 

口紅を選ぶポイント・・・

 

 

□唇に対し無刺激、無害であること

不快な味においがしないこと

□なめらかに塗れて、にじみがなく必要な時間保持されること

□保管あるいは使用中に折れたり、変形、軟化することなくスティック状を維持していること

発汗、発粉※など経時変化がないこと

□魅力的な外観を維持し、色調変化がないこと

 

発汗、発粉とは

液体が表面で出てくる『発汗』表面が白く粉をふく状態が『発粉』

どちらも古くなったものに現れます。

 

仕上がりの違いについて

 

 

マット・・・

顔料を多めに配合しています。
揮発する油性成分を配合し、皮膜材と顔料を唇にピタっと密着させます。
やや乾きやすい傾向があります★

 

 

ツヤ・・・

顔料を少なめに配合しています。
油性成分が多いため、ツヤ感あふれる質感になります。

またパール顔料を加えると光によるツヤ感をだすことができます★

 


 

 

また最近流行っている海外セレブみたいなぽってり唇!

カイリー(Kylie Jenner)のリップが数年前から爆発的に流行っていますよね。

ぽってり唇になるリップとは何なんでしょうか?

 

①マキシリップ原料入り

 

 

(パルミチン酸エチルヘキシル・トリベヘニン・イソステアリン酸ソルビタン・パルミトイルトリペプチド-1)

繊維芽細胞を活性化させ唇の縦じわを改善してふっくらハリのある唇に見せます。

 

②膨らむヒアルロン酸(ヒアルロン酸ナトリウム)

 

 

ヒアルロン酸を特殊技術でフリーズドライしてナノ化した成分で水分を吸収して6倍に
膨らむため唇もぷっくりします。

 

③カプサイシン入り

 

 

新陳代謝をUPし、血行をよくすることで唇を健康的に見せます。

 

 

 

ぜひ、今後の口紅選びの参考にしてくださいね♪~~~

514 views

PAGE TOP