ホルモンバランスの乱れは女性の悩み…「女性ホルモン」に良い食べ物って?

こんにちは♪ジェイウォーカースタッフAです。

本日は先日ご紹介した【女性ホルモン】の続きで
【女性ホルモンに良い食べ物】を紹介します♬☆

————————————————–

タンパク質をしっかりとる!

◎大豆製品

豆腐・納豆・黄粉・味噌・高野豆腐・黒豆・小豆・油揚げ・豆乳

エストロゲン様の作用を持つ大豆イソフラボン
これはポリフェノールの1つと言われています。

その他にも脂肪の代謝を高めるビタミンB群も豊富です。

肥満を防止する効果もありますが、消化がよい植物性のタンパク質ですので、
痩せ型の女性のタンパク質摂取にはピッタリの食材です☆

 

◎青魚

サンマ・サバ・いわし

タンパク質も豊富ですが血液をサラサラにすることができる
不飽和脂肪酸、脳の働きをよくするDHAがとても豊富です。

サバにはペプチドという成分の脂肪が入っていて、
これは動脈硬化を防ぐことでも知られています。

タンパク質は体内で分解されるとアミノ酸になります。
ペプチドとは、このアミノ酸が数種類ずつ結合した状態を指します☆

ペプチド状態になると吸収率がとても高くなり
しかも速やかにカラダのすみずみまで届きます。

内からの元気が目覚めさせ、体調バランスを整えるようしっかりと働いてくれます。

 

◎肉

なかでも豚肉がオススメです♪
豚肉にはビタミンが豊富に含まれています。

豚肉でも、あまり太りたくない!という方は、
ヘレ肉や赤身の部分を選んで食べてください。

しかし、お肉ばかり食べていると血液が酸性になりやすくなります。
そこでお野菜も一緒に摂ることがポイントです。

 

◎牛乳・卵・チーズ

タンパク質が豊富な食材です。
体調がよくない時には、食欲がなくて食べられない場合、
これらを食べると少量でも、栄養を補うことができると言われています。

コレステロールもしっかり含んでいるので
痩せ型でコレステロール不足により、
女性ホルモンの分泌が少ない方には尚良し!な食材です。

 

◎アーモンドなどのナッツ類

脳下垂体や卵巣に働きかけてホルモン分泌をコントロールします。
ホルモンバランスを整えるとともに、高い抗酸化作用で美肌にも効果を発揮します。

 

◎ココナッツオイル

ホルモンの生成に重要な働きをしてくれます。
美容に良いと注目されていますよね。

ココナッツオイルは摂取することによって、
含まれる「食物繊維」が腸内環境を整えることにも期待ができます。

腸内環境が整うと、体内に滞留した肌荒れを引き起こす原因にもなる老廃物が
体外に排出されやすくなるため、肌荒れの改善にも効果的です☆
 

では反対にホルモンバランスを乱しちゃう食事は??

◎化学調味料を多分に用いたインスタント食品

体内のミネラルを奪い、成長ホルモンの分泌を妨げてしまいます。

冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎると身体が冷えて自律神経に支障をきたし、
自律神経と相互作用のあるホルモンのバランスを崩します。

化学調味料、そして、冷たい飲食物は避けれるなら避けることをオススメします☆

 
今紹介した食材や、避けたい食材って今に始まったことではなく
昔から、健康に良いと言われてたり、ダメですよ~って言われているものですよね。

『インスタントのカップラーメンばかり食べていたら身体に悪いよ。』

よく↑韓国ドラマで聞くワードです。www

でも本当に皆知っている事を普段より意識してあげることで
身体にも優しいのですね。

私も普段健康的な食事は意識しておらずその時に食べたい物を食べる。そして偏食なのでそれしか食べない。←きっとものすごく身体には優しくない食生活をしています。

私も自分自身で招いてしまっていることかも知れません。

今迄はな~んにも気にせず生きてきましたが、これからは
自分の身体のことも考えてあげようと思います。

皆さまも、ぜひ参考にしてみてくださいね☆

577 views

PAGE TOP