ほとんどの女性が一度は悩む『バスト』…ついやってしまいがち<ダメ習慣>と<簡単ケア>♡

こんにちは☆
ジェイ・ウォーカースタッフYです!

最近はというとポン酢にハマっている今日この頃。
醤油と柑橘果汁が原材料だという事を
最近知ったのはココだけの話……

というわけ(どういうわけ?)で
今日はポン酢とも全く関係ないお話☆(いつもの事ですね)

 

 

今日は女性ならではのテーマ

「バスト」について

 

 

実は年齢や肉付きは関係ないというバスト。

大人女子が陥りがちな「歳だから仕方がない」という言い訳
私を含め周りにもよ~く飛び交ってます。

ちょっとの努力で美乳を手に入れられるなら
やらずにいるのはもったいない!というワケ。

 

研究家の先生によると

「年齢や体の肉付き、出産など、女性が抱えている胸の悩みは様々ですが、

生活習慣を見直して、ちょっとの運動や簡単なマッサージをするだけで、

早い人は1日、遅くても2週間で変化を感じ始めます

のだそう。

という事で、ついやってしまいがちなダメ習慣をご紹介!

 

 

1. 猫背

 

スマホやPCを使う機会の多い人が、知らず知らずのうちになっていることの多い猫背。
首と背中の間にある僧帽筋が衰え、胸だけではなく、全体的にたるんだ印象に。

 

 

 

 

2. ノーブラ

 

寝る時や家にいる時はノーブラ派の女子が結構多い。
おっぱいは揺れると垂れますし、寝ている時、上を向けば広がり、下を向けば潰れ、横を向けばおかしな形になってしまいます

 

 

 

 

3. 適当に選んだブラジャーやチューブトップ

 

おっぱいはブラジャーの形で形状記憶されてしまうため、ブラジャー選びは大切。
ほとんどの方がサイズの合っていない小さいブラジャーをつけているのだとか。
また、カップ付キャミソールやチューブトップは胸を潰してしまい、さらにカップ付キャミソールはハミ乳跡を作ってしまう可能性大。
スポーツブラも胸を潰してしまうものが多いので、ホールド力重視で選んで!

 

 

 

4. 甘いものが大好き

 

一見、なんの関係がないように思いますが、食べ物と美乳には密接な関係があるのだそう。特に白い砂糖は体を冷やすのでNGなんです。

 

 

 

 

5. 寝不足

 

寝ている間に成長ホルモンが分泌されるといわれているため、寝不足はその活動を乱す可能性が。

 

 

 

 

 

6. 間違ったエクササイズ

 

体のどこの部位に効いているか分からないエクササイズを、せっせと行っている人が多いのだとか。

胸を大きくするつもりが、腕を太くする運動だったり…。

 

 

7. 運動のしすぎ

 

何がいけないの? と思うかもしれませんが、運動をしすぎると脂肪が落ちすぎたり、筋肉がつきすぎたりして、引き締まった胸になってしまうことも。

 

 

 

8. 卒乳後のバストケアの断念

 

子育てに忙しく、バストケアをする時間がなかなか取れない、なんて方も多いようです。

 

 

 

 

 

 

つい耳を塞ぎたくなった方も多いのでは…?

まずはNG習慣を改めることが必要。

 

 

1. 姿勢は正しく、美しく。

2. 起きている時はサイズが合っているブラジャーをつけ、寝る時は締め付けすぎないナイトブラなどをつけて寝る。

3. 精製されている白い砂糖などは、体を冷やすといわれていて、冷えは美乳づくりの大敵! 極力控えるようにする。

4. 入浴で体を温めることが大切。体を温めることは、女性ホルモンのバランスを整えるといわれています。

5. しっかり睡眠をとることが大事。特に就寝後3時間、熟睡できる環境にすることが必要。

6. 効果的なエクササイズとマッサージ。美乳づくりに関わる筋肉の緊張をやわらげ、必要なところに筋肉をつける。

7. 保湿をする。顔はいろいろケアするのに、ほっとかれがちなバスト。バスト専用のものでなくてもいいので、顔に使用している基礎化粧品などで、保湿ケアはしっかりと。

8. 肉や卵、魚、大豆などのタンパク質の摂取が大事。大豆は納豆やテンペなどの発酵食品で摂るのがいいようです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

つい諦めがちなバストですがちゃんとケアすれば
おのずと答えてくれるそう^^

是非、実践できる事から始めてみてはいかがでしょうか♪?

941 views

PAGE TOP