花粉症…と思いきや違った!?意外と知らないこの時期だからこそ起こる「寒暖差アレルギー」とは?

 

こんにちは!
ジェイ・ウォーカースタッフです。

最近はますます暖かくなり、早く春服を解禁したいなー
と日々考えています(笑)

と、この気温が変化する時期に気を付けたいのが

差アレルギー」

です。

 

花粉症の時期ということもあり、とても症状が似ているため
混合しやすく、

花粉症だと思ってたけど実は寒暖差アレルギーだった!

ということもあるようです。

では具体的にどういったものなのでしょうか?

差アレルギー」とは?


寒暖差アレルギーは、大きな気温の変化によってその刺激が鼻の奥を刺激し、
血管の太さを変えてしまい鼻づまりを起こしたり鼻水が多くなるなど、
アレルギー性鼻炎のような症状を起こします。


寒い時期に暖かい食べ物を食べると
さらっとした鼻水が止まらないといった経験をお持ちの方は多いのでは
ないでしょうか?
この大きな温度差によって起こるものを寒暖差アレルギーといいます。

原因


寒暖差アレルギーは急激な温度の変化に着いていこうとして
身体を調整しようとしている自律神経の乱れによるものです。

 

自律神経が対応できる温度差はなんと約7度
それより大きな変化は身体が着いていけなくなるんだそうです。

また、鼻づまりや鼻水といった症状の他に、
自律神経の乱れから

・食欲不振
・睡眠障害
・疲れが出やすくなる
・イライラする

といった症状が現れることも。

花粉症との違い


 

そして花粉症との見分け方としては

①目が充血していないか?

目が充血などの症状を起こしていれば花粉症の疑いあり。

②鼻水の色

さらっとしていて透明の場合は寒暖差アレルギーのことが多い。

といったことがあげられます。

具体的な対策


①こまめな体温調節

室内外など温度の変化が激しい所では上着などで
こまめに調節しましょう!

食生活の見直し

冷たい飲みものやアイスなど体を冷やすものは
寒暖差アレルギーを悪化させる原因に。
生姜を使った料理やにんにくなど、保温効果の高い食べ物を
積極的に摂取するようにしましょう。

生活習慣の見直し

睡眠時間をしっかりとる、湯船にしっかり浸かるなど
基本的な生活習慣の見直しも自律神経を整える事に繋がります。

また、適度な運動で筋肉量をつけると体内での温度変化が
安定し、急激な冷えの解消になります。

などがあげられます。


なかなか改善されない場合は医療機関を受診するなど
してくださいね!

913 views

PAGE TOP