顔にはもちろん髪やボディケアにも!万能オーガニックオイルのススメ!

こんにちは、ジェイウォーカースタッフNです!

本日はオーガニックオイルについて!
顔だけでなく全身に使える万能オイルですが種類も多く、
どれを選べば良いか迷いますよね…

そもそも、どうしてオイルが良いの??

「皮脂」と聞くとテカテカとする嫌なもの…とイメージしがちではないですか?

皮脂の役割

・肌の水分の蒸発を防ぐ
・角質に入り込み肌内部の水分もキープしてくれる
・肌に薄い膜を張り、外的刺激から肌を守るバリアの役割
・肌表面にいる常在菌のエサとなり、最近の繁殖を防ぎ肌トラブル予防

このように、美肌を保つためには必ず一定量は必要な成分になります。

しかし、20歳をピークに皮脂分泌量はどんどん減っていき、
皮脂の質も変化していくので、肌のバランスが崩れてしまうことがわかっています。

そこから起こる肌トラブルに見舞われないよう、皮脂の代わりとなってくれるのがオイルとなります!

自分の悩み別にオイルを選ぶ!

<保湿>ホホバオイル
肌のセラミドを守り、乾燥した肌を修復させる働きがあります。
また紫外線から肌を守る役割を持ち、SPF5はあるといわれています。
その為、夜だけでなく朝のスキンケアの最後に追加するのもオススメです。頭皮ケアにも◎

<柔軟性UP・美白>スイートアーモンドオイル
適度な粘土を持ちながらも、肌への浸透率が非常に早く、肌を柔らかくしてくれます。
メラニン色素の沈着を防止する役割もあるため、美白やシミ予防を重視したい方にオススメ。
化粧水に1~2滴混ぜて一緒につけてるのも良いですし、体のマッサージオイルにも適しています。

<エイジングケア・肌荒れ、ニキビ跡>ローズヒップオイル
潤いを与えるのはもちろん、ターンオーバーを活性化するのでシワやシミの予防・改善に加え、
肌の修復作用もあるので、ニキビや肌荒れ後の傷ついたお肌にも効果が期待できます。

<エイジングケア>アルガンオイル
肌のうるおいを保護する必須脂肪酸や、高い抗酸化作用を持つビタミンEを多く含んでいます。
化粧水の前のブースター代わりにはもちろん、痛んだ髪毛の油分補給にも使用できます。

オイルの使い方

ヘアオイル
シャンプーをした後タオルドライした後に、髪の中間から毛先にオイルを少量付けます。
ツヤ感も出ますし、ドライヤーの熱から髪を守ってくれる役目もあります。

スカルプケア(頭皮クレンジング&保湿)
髪を洗う前に、ブラッシングしてからオイルを頭皮に付けてマッサージします。
オイルの量は100円玉サイズくらい、マッサージを行う時間は5分程度が目安です。
ベタつきが残るようなら2度洗いをしても良いですが、シャンプーの量は少な目にしましょう。

オイルの効果で毛穴汚れが落ち、頭皮も柔らかくなるので、健康的な髪の毛が生えてきます。

ボディマッサージ
お風呂から上がる前、肌に水分が残っている状態でオイルをつけてマッサージしましょう。
水とオイルが混ざり合うことで、オイルの保湿成分が浸透しやすくなります。

995 views

PAGE TOP