こんな時どっちを使ったら良いんだろう??メイク・美容アイテムの使い分けをご紹介♥

 

こんにちは!
ジェイ・ウォーカースタッフです。

本日は

「こんな時どっちを使ったら良いんだろう??」

 

 

といったメイク・美容アイテムの使い分けについてご紹介して
行きたいと思います★

 


 

『フェイスパウダーはパフ or ブラシ?』

 

パウダーに付属のパフでお粉をつけるという方も多いのでは
ないでしょうか?

パフだとブラシに比べてよりお肌にお粉を密着させることができ、
マットなお肌に仕上げくれます。

デメリットとしてはよくお粉を調整してからお肌にのせないと
つき過ぎてしまい、白浮きしてしまうことも。

そんな時はブラシで余分なお粉をはたきましょう。

その反面ブラシのみで塗布すると均一にお肌にのせることができ、
ナチュラルで透明感のあるツヤ感のある仕上がりに。
その分密着度はパフよりも劣ります。

毛穴などのカバーをしっかりされたい方にはパフがお勧めです。

 

 

『チークはパウダー or クリーム?』

パウダーと並んでメジャーとなってきたクリーム(練り)チーク。

パウダーは主に粉(顔料)でできていて、テカりにくくふわっとした優しい
印象になるのが特徴です。
オイリー肌や頬がテカりやすい方におすすめです。

ブラシを使って入れるのが一般的で、手が汚れないのも特徴。
調整もしやすく、使い易いチークです。
広い範囲に使いたいときにもお勧めです。

一方クリームチークは油分が配合されており、しっとりとしたツヤ感のある
血色を出すことができます。
また肌への密着度も高く、落ちにくいのも特徴。

指でポンポンと馴染ませていくのが一般的で、量の調節がうまくいかないうちは
つけすぎてしまい、おてもやんになってしまいがちなので注意が必要。
部分使いにお勧めです。

また、両方の利点を生かしてパウダーとクリームを一緒に使うのもお勧め

クリームチークでピンポイントに血色を出したいところに馴染ませた後、
パウダーを上からふんわりのせると持ちがいい、内側からにじんだような頬が
完成します★

 

 

『マスカラはロングボリューム?』

 

他にもカールやセパレートなど種類はありますが、マスカラではメジャーで
多くの人が悩むであろう、この2つ。

なんとなくイメージは沸きますが、どっちが自分にあっているのか、
具体的にどちらの方が自分のなりたいイメージに近づけるのか、
売り場で迷ってしまいますよね。

ボリュームタイプは言葉通り、まつげ一本一本を濃く、密度を狭くし、
目力を出してくれます。
その反面慣れないとダマになってしまいやすく、また、良くも悪くも
「メイクしました!」といった存在感が出ます。

そのためナチュラル派の方には不向きと言えます。
黒目がちなクリっとした可愛らしい目元を作りたい方にお勧めです。

一方ロングタイプはまつ毛一本一本をファイバー等で長く見せてくれ、
美人な印象の目元にしてくれます。

ボリュームタイプに比べると繊細で、とにかくインパクトを出したい方
には物足りなさを感じてしまうかも知れません。

どちらの要素も欲しい!!という方は両方を兼ね備えたタイプか
マスカラ下地を使いましょう!

 


 

いかがでしたか?

 

是非参考にしてくださいね!(*^_^*)

966 views

PAGE TOP