こんな時どっちを使えば・・・?美容あるあるな お悩みに答えます!

 

こんにちは!
ジェイウォーカースタッフです★

みなさん意外とスキンケアやメイク、その他の美容面で

「こんな時どっちを使ったら良いんだろう??」

と思い悩ませられることって多くないですか?(*_*)

adult-cute-face-female-41522
例えば

「化粧水をつけるときはコットンor手?」

「乳液とクリーム、どっちが良いの?」

などなど…

選択肢が多いと悩んじゃいますよね。

そこで今回は自分に合ったツールの選び方について
ご紹介致します(*^_^*)
 
 

化粧水をつけるときはコットンor


コットン

 

cotton-1817186_640

 

コットンを使用した場合、お肌の表面を整えつつまんべんなく化粧水が
均一につけることができます。
ムラなく確実に塗布したい!という方にはコットンがお勧め。

ただ、お肌に対する摩擦が手で塗布するよりも強いので注意!
コットンにたっぷりひたひたに化粧水を含ませてお肌に優しくのせましょう。

また、手で付けた時よりもコットンにしみこませる量が多くなるので
コスパは少し悪め。

 

hand-1620466_640

お肌への摩擦が少なく、体温でお肌への浸透を高めることができます。
そのためコットン使用時よりも使用量も少なく済みます◎

デメリットとしてはコットンに比べ均一につけにくいこと、
また清潔な手でつけないと肌荒れの原因にもなります。

 

 

スキンケアの仕上げは乳液orクリーム


乳液とクリームの違いは配合されている水分と油分のバランスの違いです。

乳液

img_4813

化粧水とクリームの中間で、クリームに比べ水分が多いのが特徴です。
フタをするとともに水分もしっかり与えたい方にお勧め。

また、クリームよりはさっぱりした使用感なので、ベタつきが苦手な方や
夏場、メイクよれが気になる方は乳液を使うのがお勧めです。

 

クリーム

img_0277

乳液よりもコックリしており、油分が多いのが特徴。

そのためしっかり化粧水などの潤いを閉じ込めたい方にお勧めです。

また保湿の持続効果が乳液よりも高く、潤った肌にラップをするようなイメージ。

ただ乳液よりも重たくなりがちなので、夜だけ使用するのも1つの手◎

 

 

ベースメイクはBBクリームorCCクリーム


 

下地とファンデーションが一体化したようなオールインワンクリーム。

忙しい朝や使い分けがめんどくさい!と言ったときには
大変便利ですよね。

based-texture-1142094_640

 

BBクリーム

 

BBクリームとはブレミッシュバルム(Blemish Balm)の略。

もともとはピーリング後の炎症を鎮静、保護する役割を持っており、
傷や欠点(ブレミッシュ)を癒す(バルム)という意味の“BB”
というわけです。

そこからメイク用に発展したのが現在良く見かけるBBクリーム。

そのような背景があるため、カバー力に優れたものが多く、
その反面重たい付け心地になってしまったり厚塗り感がでてしまう
ものが多いのもBBクリームです。

欠点をしっかりカバーし、マットな陶器肌を作りたい方にお勧めです。

 

CCクリーム

 

CCクリームのCCは正式名称があるわけではなく、
カラーコントロールなどメーカーによって定義は様々です。

BBクリームがもともと医療目的で作られたのに対して
CCクリームは最初からお化粧をする前提でつくられているので
スキンケア効果が高く付け心地も軽やかなものが多いのが特徴です。

また、ナチュラルで明るい自然な肌感を演出してくれるものが多く、
透明感重視の方やナチュラルメイク派の方にお勧め。

よりカバ-力を求められる方には下地として使用し、
上からルースパウダーやパウダーファンデーション、
コンシーラーを使いましょう◎

保湿力も高いものが多いので乾燥が気になる方にもお勧めです!

 


 

いかがでしたか?

beautiful-1869116_640

今回は多くの方が迷ってしまうであろうアイテム選びを
ご紹介致しました。

ぜひ参考にしてくださいね(*^_^*)

285 views

PAGE TOP