これは消えるシワ?消えないシワ!?シワの深さが分かれ道!!

こんにちは、ジェイウォーカースタッフNです!

そう!今年に入って気になり出したのが、
頬の寝起きじわの消えるスピードが遅くなっているということ!

典型的な丸顔+頬っぺたの肉が多い方なのも関係しているのか、
横向きで寝ていると、頬の肉が潰れて、頬の高い位置にくっきりシワができていることがしばしば。。。

今までは起きて顔を洗ったりしているうちに消えていたのですが、
最近はスキンケアをしてメイクが終わっても、
なんなら家を出る前までシワが残っています(泣)

10年後20年後が恐ろしい。。。
20歳を越えたら早速エイジングケアを始めた方が良いのかなと思ってきた今日この頃です。

というわけで今回は「消えるシワ」と「消えないシワ」について!

シワの深さが分かれ道!

小じわやちりめんじわは比較的浅くて細かいしわで、お肌の表面にできるしわです。
ダメージが浅く、保湿ケアをしっかりすれば消すことができます。
一方、大じわや本じわはくっきり刻み込まれたシワです。
ダメージが深いので一度できてしまうと消すことが困難なのです。

シワってなぜできるの??

お肌の構造は「表皮層」「真皮層」に分かれています。
皮膚の一番表面にあるのが「表皮層」で、その厚さは約0.2mmという薄さ!!

小じわ編

お肌の細胞は「表皮層」の中にはさらに4層に分かれているのですが、
その中でも角質層が乾燥などによって水分がなくなることで、小じわが生じます。
しっかり保湿ケアをすることで消すことが出来ます。

大じわ編

「真皮層」はスポンジのような構造になっていて、
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの弾力成分で満たされています。
その厚さは2mm!「表皮層」に比べるとだいぶ厚みがありますね!
「真皮層」にある肌のハリに大きく関係している、弾力成分は年齢と共に減少してしまいます。
そうなると、ハリや弾力を失ったゆるんだ状態になり、
顔の表情によってできるシワが戻らなくなり、「真皮層」にまで刻みこまれてしまいます。

かろうじて、私の頬のクッキリ寝ジワ(?)も消える状態ですが、
スキンケアをしても消えるまでに時間がかかってきているということは、
やはり肌の弾力成分が減少していっているのだと思います(泣)


 

大じわをどうにかしたい!!今からでも予防していきたい!というそこのあなた!

大じわの対策あります!!

とにかくお肌の弾力成分を守ること!
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生み出す、
真皮層にある繊維芽細胞を活性化することが大切になってきます。

繊維芽細胞を活性化するには

・紫外線を防ぐ
・栄養バランスを整える
・質の良い睡眠をとる

繊維芽細胞を活性化の為に控えたいこと

・喫煙
・不規則な生活

繊維芽細胞を活性化させてくれる成分

・ビタミンC
・レチノール
・動物性プラセンタ
・イソフラボン

ビタミンC誘導体を含む化粧水とレチノールを含む美容液を使い、
プラセンタのサプリを摂取し、柑橘類やキウイなどでビタミンC、かぼちゃ・ニンジン・小松菜からビタミンA、豆腐・豆乳からイソフラボンを摂取するなどしていけたらすごく効きそうですよね!

 

大じわ・小じわ対策をしっかりしていつまでもハリのあるお肌でいたいですね!

998 views

PAGE TOP