ワンランク上の仕上がりに!メイクブラシの選び方

こんにちは、ジェイウォーカースタッフNです!

皆さんはメイクブラシ使っていますか?

指やスポンジ、チップを使ってベースメイクやチーク、アイシャドウなどを仕上げるのもよいですが、ブラシを使うとワンランク上の仕上がりになります!

メイクブラシを選ぶポイント

ブラシの幅

ブラシを選ぶときにまず見たいのが、ブラシの幅です。
付けたい幅とほぼ同じ幅のものをえ選びましょう!
色むらの防止になります。

毛質

次に目をつけたいところは毛質です。
チークやアイシャドウ、パウダーファンデーションなどを希望の粒子サイズに削れる毛質を選びましょう!
毛質が繊細なものである程、粒子は細かく削ることが出来ます。
粒子を細かく削ることで、重ね付けで調節しながらメイクを仕上げることができ、微妙なぼかしも叶えることが出来ます。

粉含み

最後に粉含みが良いものを選びましょう!
ふんわりと粉を含み、均等に粉を吐き出し色むらを防いでくれます。

メイクブラシの種類

フェイスブラシ

フェイスパウダーやチークをのせる時に使うブラシです。
「パウダーブラシ」「チークブラシ」と呼ばれることもあり、大きさも様々です。
自分の好みのサイズでいくつか持っていると良いと思います。

ファンデーションブラシ

リキッドファンデーションは指やスポンジで仕上げる方も多いと思いますが、ファンデーションブラシを使うことで隅々まで綺麗に塗ることが出来ます。色むらも出来にくく、しっかりと肌に馴染みます。

アイシャドウブラシ

チップで塗るより、濃さが調節しやすく色むらができにくくなります。
さらに、ぼかしもキレイにできるので、自然なグラデーションを作ることが出来ます。さらに、アイシャドウブラシは2種類もってくと便利です。一つは、平筆タイプの締め色専用のもを用意しておくと締め色が細く綺麗に入ります。

アイブロウブラシ

アイブロウパウダーを使用するときのブラシです。
ブラシの切断面が斜めになっています。ブラシは毛丈の高い方を顔の内側に向けて使うことで、眉尻の先をキレイに仕上げることが出来ます。

リップブラシ

良いブラシであれば口紅の含みも良くシャープなラインを引くことが出来ます。唇の輪郭をきちんと書くことが出来るので、きちんと感を出したいときにおすすめです。

1,351 views

PAGE TOP