ヨガで心も体もリフレッシュ!健康と美容に嬉しい効果がたくさん!「ホットヨガ」

こんにちは!
ジェイウォーカースタッフNです★

最近気になっているのは「ホットヨガ」!

元々私の祖母がヨガの先生をしておりまして、
小さい頃から、ヨガには慣れ親しんでいたのですが、

ホットヨガというものの存在を最近知りまして!w
今絶賛、興味深々というわけです!
そもそも始まりは1970年代、日本では2009年ごろから広まったそうですね。

ホットヨガとは?

室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガを意味します。 この室温は体を一番柔軟にするとされる温度であり、多湿な環境は発汗を促します。 ヨガのゆっくりとした動きやポーズは、自然に筋肉を伸ばすことや、インナーマッスルを鍛えることを目的としています。

最近はもっぱらクーラーの効いた部屋で一日居たり、
夏でもあまり汗をかくこともなく、一年中全く運動もしなくなったので、
そろそろ身体を動かしてデトックスしないとと思っていたところです。

すごーく気になるのですが、専用のスタジオに通わなければホットヨガはできません。
一人暮らしをしている上に、社会人一年目というひよっこ。。。
ですので、中々そんなところにお金を使う余裕がありません。泣

という訳で、感想などをお伝えすることはできませんが、
私のように気になっている人で、始めてみようか悩んでいる方のご参考になるよう
今回はホットヨガのメリットとデメリットをご紹介!

メリット

・ヨガよりもデトックス量が高く健康促進効果が高い
単純にデトックス量が大きく違います。室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内でヨガをするのですから、
汗をたくさんかきます。より新陳代謝が上がります。

・アレルギー体質の改善
汗をかくことで、汗腺などの機能が活性化し、正常に働くことが出来るようになると、体のアルカリ性と酸性のバランスを整えてくれます。これによりアレルギーが軽減されると言われています。

・肩こり・冷え性改善
ゆっくりとじわじわ体を温め、運動をしているのにリラックスしている状態になります。
体がリラックス状態になるとこわばった筋肉がほぐれ、末端まで血液が循環してくれるので、肩こりや冷え性の改善にもつながります。

・月経不順・便秘解消
月経不順も便秘も基をただせば冷え性から来ています。その冷え性が改善をしてくれることでこちらも改善されると言われています。

・美肌効果
汗が出るため、毛穴に詰まった汚れが汗と一緒に出て行ってくれます。そして、毛穴の開閉機能が向上し毛穴が開きにくい肌が荒れにくい体にしてくれます。

・太りにくい体に
新陳代謝が上がることで基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がると脂肪が付きにくい体になりますので、ホットヨガを続けていると太りにくい体質になりうるのです。

 

ジムなどで走ったり、きつい運動が苦手な方には特におすすめです!
冷えや、便秘の改善など女性に多いお悩みに効果的なのも嬉しいですね。

デメリット

・インストラクターに免許はない
ホットヨガのインストラクターは免許がありません。明確な試験もありません。
大きな組織の場合であれば、しっかりとした人選と教育が行われておりますのでレッスンの質、サービスの質は安心できるので、まずは個人ではなく大きなところを探すことをオススメします。

・関節炎の可能性
室内が暖かく、体が温まっている状態は普段よりも体が柔らかくなっています。それは熱で靭帯などの筋がゴムのように伸びる仕組みになっているから。
そして、熱のせいで脳の判断力は少し鈍っています。これが合わさり、痛みを感じず、筋が伸ばせる限界を超え、傷つけてしまうケースは多いそうです。

・脱水症、熱中症
ホットヨガのスタジオ内は温度が高くかなりの汗をかきます。その為こまめに水分を補給しないと脱水症状に陥ってしまう可能性があります。

ホットとつくだけあり、やはり暑いなかでの運動となるので、しっかり水分補給と自分の思っているより頑張りすぎないことが大切です!
 

さて、ホットヨガとはいえヨガはヨガ、
せっかくなので、初心者にもピッタリなヨガのポーズをご紹介!

上向きの犬のポーズ

マットにうつ伏せになり、足はそろえてまっすぐ後ろに伸ばします。肩の真横に手をつけて指先はまっすぐ前に伸ばし、
息を吸って、手のひらを使って上体を押し上げましょう。
腕を伸ばしきったらお腹を床から離して顔はななめに上を見上げ、そのまま10秒キープ!

効果
・姿勢の改善
・背骨、腕、手首の強化
・胸と肺、肩、腹部のストレッチ
・疲労
・ぜんそくの治癒

英雄のポーズ2

足を大きく開いて立ち、右足を外側に向け、左足先はほんの少しだけ内側に向けます。両手は肩の高さで左右に伸ばし、肩の力を抜いてリラックス。
そのとき視線は右手の中指の先に向けましょう!
息を吐きながら、右膝を曲げ、踵の真上に膝が乗るように腰を静かに沈めます。左足の外側のヘリを床に踏みしめて、左足をしっかりと伸ばして、肩の力を抜いて5呼吸静止しましょう。

効果
・便秘、全身の疲れ、ストレス
・集中力アップ

小さい頃、祖母に教えてもらっていたのを思い出すと、とても懐かしく思います。。。
意外と地味なポーズでも体が温かくなるほどの運動量なんですよ!

ヨガは、精神を安らかにできる効果もあり、心と体の健康を保つことができます。
ポーズ自体も、流派ごとに違うので実はとっても奥が深いのです!

今回ご紹介したポーズは簡単にできるものなので、ぜひ試してみてくださいね★

203 views

PAGE TOP