知らないうちにダメージを受けている?!まつげを痛めつけるNG行動!

こんにちは★

ジェイ・ウォーカースタッフYです♪

突然ですが私。Y。
まつ毛愛好家なんです。

それはもう友達が引く位まつ毛が大切で
1~2週間に一度はマツエクの修繕に行かないと
気が済まないのです。笑

そんなワケで今日はまつ毛についてのお話を少々。
girl-753953_640

 

そもそもまつ毛って必要?

美容観点からでは無くまずはまつ毛そのものについてご紹介

まつ毛は,ほこりが角膜や結膜(目の中にあるやつですね)にあたるのをふせぎます。

まつ毛の毛根の周囲には知覚神経が集まっていて
ほこりが触れると,角膜や結膜にあたる前に感じとって
自然にまぶたを閉じてしまいます。(お察しの通りまばたきですね)

また,まつ毛のまわりのまぶたの組織は
体の中で「一番うすい皮下組織」であるために
非常に早く動けるようになっています。

なので、泣いたり,虫にさされたり,物が当たったり
顔をうつむけにして寝たりしてしまうと,すぐはれやすくなるのです!
shy-863056_640

 

そんな大事な役割を担っているまつ毛。

美容観点でも多大なる働きが!

まつ毛がフサフサ密集しているとアイライン効果があり
目元がパッチリと見えます★

外国人の方でもまつ毛が濃くて長いと
目元がパッチリ華やかに見えますよね!

おめめぱっちり=可愛い

分かりやすい方程式ですね!

今日はそんな大事な大事なまつ毛を痛めつける
やってしまいがちな行動
をご紹介!

今すぐ辞めてまつ毛を労わってあげて~!!

 

【1】濃い~メイク

行き過ぎた濃いメイクは絶対NG!!

落とす時の負担もはかり知れません。よね。。
makeup-402534_640

 

【2】古いビューラーやホットビューラーを愛用

使い勝手が良いから。目のカーブに合っているから。
と何年も同じ物を使っている方は要注意!

ボロボロのビューラーは切れ毛の原因にもなります。
小まめにゴム部分を変えるのがオススメ★

ホットビューラーは長時間カールを維持出来ますが
まつげの水分を奪いがち、、

トリートメントでしっかりとケアしましょうね!

 

【3】まつエクやまつ毛パーマのやり過ぎ

まつエクやパーマの特別なグルーやパーマ液は
まつげにダメージを与えてしまいます。。

なんでもやり過ぎはNGなんですよね、、

という事で、こちらもしっかりトリートメントや美容液でケアしましょう!!

 

【4】ズボラクレンジング

メイクをしっかりオフすることは大切ですが、目元をゴシゴシこするのは絶対絶対NG。
抜け毛や切れ毛の原因になります。

残ったメイクが毛穴をふさいで抜け毛の原因になる事もあるので
クレンジングは気を付けましょう!

アイメイクを落とすときは、専用のリムーバーを使って丁寧に優しくいたわりながら
しっかりメイクを落としましょう。

 

【5】マスカラもダメージの原因に

油溶性のウォータープルーフやカールのキープ力が強いマスカラは
メイクが落ちにくいのなんのその。
落とす時にどうしても圧力が加わる為に
まつ毛へのダメージが蓄積。。
お湯オフタイプがオススメです!
6690c37b2aaf772909b262a2a6527d89_s

 

【6】目を擦るクセがある

アレルギーや花粉症の人は、痒くて無意識に目を擦ったり
ハンカチやティッシュで何回も目を押さえたりしますよね。。

実はそれ、まつげが摩擦されダメージの原因になっていることがあるんです。

 

【7】ストレスが溜まっている

睡眠不足同様、ストレスが溜まるとお肌にはもちろん、まつげにも悪い影響が。。

ホルモンバランスの乱れや血行不良、自律神経の乱れなどが
まつげを成長させる毛母細胞の活動を邪魔します。

顔の印象を決める大事なパーツです。
是非ご自身のまつげを大事にしてあげてくださいね~!!!

420 views

PAGE TOP