環境ストレスに負けない肌へ!化粧水の正しい付け方

こんにちは★

ジェイ・ウォーカースタッフYです♪

先週末は久々に一日炎天下に居ました!
中々自分からは外に出ない派ではありますが
一日で夏を満喫した気になりました!笑

しばらく外には出たくないなあ・・・。

beauty-1511867_640

 

というわけで夏も佳境に入りました。
(いや、過ぎてきてる・・・?)

今日は乾燥に負けない自身のお肌を育てる為の
ちょっとしたポイントレクチャーを★

 

 

今日のテーマは「化粧水のつけ方」

 

 

女の子なら当たり前に毎日付けている化粧水

間違った使い方を毎日365日コツコツと積み重ねているだけでも
5年後、10年後ダメージは蓄積されちゃうんですよね。

 

そこで、今日は正しい付け方をご紹介。

 

入浴後や洗顔後のお肌からは、想像以上に水分が逃げていってしまいます。
できるだけ、5分以内に保湿ケアをすることが大切と言われています。

化粧水は洗顔後すぐにつける

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

洗顔後は、時間が経てば経つほど化粧水の肌への浸透率は少なくなっていくのをご存じですか?

洗顔後は肌がもっとも乾燥してしまうので
出来る限り早めに保湿成分が入っている化粧水でケアをしてあげないと
どんどん乾燥が進行してしまいます。。

5分以内とは言わずに、できるだけ早めにつけることが
美肌のためには効果的。
特に冬場など乾燥しやすい時期は気をつけましょう!

 

化粧水の量はどれくらいがベスト?

afb44778f94fe73dc471ddac6a968571_s

「化粧水をケチってはいけない」「バシャバシャ浴びるように使う」
という言葉をよく耳にしますよね。

確かに少ない化粧水でお肌に十分な潤いが行き届かないのは効果が激減。

しかし一度に大量に使えばいいという意味ではありません!

■量の目安は各製品の後ろに書いてある(100円玉大とか500円玉大とかポンプに何プッシュなど)
■目安量を参考にし2~3回に分けて重ね付けをすると浸透が速く効果的
※時間を掛け過ぎてしまうと逆に乾燥を誘発してしまうので注意が必要です★

 

そもそも化粧水は必ず必要?

83ebc532668a7b681794a09771c98b12_s

実はアメリカやフランスなどの海外では化粧水を使わないで
そのまま直接、美容液や乳液クリームをつけてしまう人も多いそう。

毎日当たり前のように使っている化粧水ですが、必ずつけなければいかないというわけではありません。

お風呂上りや洗顔後すぐのまだ潤っている肌になら、直接クリームを塗って蓋をしても大丈夫と言われています!

 

手でつけるかコットンを使うかどっちがいいの?

afb44778f94fe73dc471ddac6a968571_s

化粧水は手でつける派と、コットン派がいると思います。

手でつけるほうがコットンでの刺激(摩擦)が少ない反面
化粧水が手に浸透してしまい肌に均一につけれなくなってしまいます。

ですのでバシャバシャ使いづらい高級な化粧水を使う場合は、コットンでつけたほうがお得かも?

ですが、正しい付け方をしないと逆効果になってしまうので
是非参考にしてみてください★

 

化粧水を手でつける方法

  • 1回あたりの適量を手の平全体に広げる
  • 手の平全部で顔を覆うようにして、頬、額、あご、鼻や目の周りなどまんべんなく肌になじませる
  • 化粧水がすうっと肌に馴染むのを感じたら、もう一度手の平に化粧水を追加する
  • 目もと、小鼻、眉間、鼻の下など細かい部分を重点的に、指の腹の部分も使って押さえていく
  • 顔全体を鏡でチェックし、表面に水気が残っている感じがないかを確認する
  • 最後に手の平や甲で触れてみて肌にピタッと吸い付くような感触になればOK

化粧水をコットンでつける方法

  • コットンの裏側まで十分に濡れるくらい化粧水をつける
  • コットンを利き手に持ち替えて、人さし指と薬指、もしくは人さし指と小指ではさんで持つ
  • 顔の内側から外側に向かって、頬や額など広い部分から、鼻、あごと丁寧にふくようにつける
  • 化粧水が収れん化粧水であれば、上記の順でやさしくパッティングする
  • そのまま首に移動し、首の下から上に向かってふくようになじませる
  • 足りない場合には、同じコットンに少量の化粧水を足して繰り返す

 

パッティングは必要?

化粧水をつけるときに注意すること。過度なパッティングは肌を傷つけます!

化粧水をつける際に、100回ほど手でパッティングするという情報がありますが、これはやめましょう。
敏感肌の方などは、毛細血管が損傷し「赤ら顔」の原因になります。

また、コットンは繊維がお肌を刺激して傷をつけてしまうという面もありますが、これは使う人の肌状態によります。
健常肌の人は、まったく問題がなくコットンでしっかりと水分補給できるのです。

ただ、どちらにしてもコットンの品質を慎重に選ぶことは大切なポイントですね。
肌にやさしい、高品質なものを使うようにしましょう。
モケモケがついてしまうコットン等もありますからね・・・

化粧水を付けた後は必ず乳液やクリームで水分の蓋をしてあげるように心掛けてくださいね★

 

woman-1365479_640

 

いかがでしたか?是非毎日を正しい保湿方法に変えてコツコツと美肌を守りましょう♪

290 views

PAGE TOP