少しの工夫でより効果的に!知っていそうで知らなかった夏の基礎ケア

こんにちは!ジェイ・ウォーカースタッフです!

暑い季節ってせっかくお風呂に入っても、お風呂上りに汗がダラダラと出てしまい。

お風呂上りのスキンケアも本当になじんでるの?

なんてお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今日は暑い夏もしっかりスキンケアを最大限発揮できるよう

知っていそうで知らなかった夏の基礎ケアのお話しをしたいと思います!

 

shower-1502736_640

 

お風呂上りの汗をとめたい!

お風呂上りに汗がでるのは、体が熱くなった時に熱をため込まないように
汗を出すことで冷やそうとするので、無理やり止めたりするのは
実はよくないんだとか。

お風呂上がりの汗はサラサラで、昼間の汗とは違ってキレイなので
そのまま扇風機などで涼んで蒸発させましょう♪

ここで思わずクーラーで涼みたくなってしまうんですが、
熱を逃がそうとする自然の働きを妨害することになったり、
冷やしすぎて体の芯まで冷えてしまう恐れもありますので
なるべく避けたほうがよさそうです。

bath-465577_640

 

では化粧水はいつつけるのか?

汗を無理に止めずに化粧水をつけると、汗と一緒に流れちゃうような…
いつつければいいの?!というお話しですが、

汗をかいているときに無理やりつけてしまうと、
汗と混じってしまい、化粧水の効果が薄れてしまいます。

しかーし!汗が引くまで待っていたら、実はお肌の水分はどんどん
失われていくのです…汗があるから潤っていると思いがちですよね…
恐怖( ;∀;)
夏なのになぜか乾燥するっていう方はこれが原因かも?!

では、いつなのか?!

化粧水をつけるタイミング基本的にお風呂上りすぐです。

お肌の水分が蒸発しないように汗をかいていてもまずは化粧水で保湿して、
汗がひいてきたらもう一度つけるようにしましょう。

スプレーやミストタイプの化粧水を使うと、シューっとした感じで
お風呂上りにすぐケアができて、気持ちもいいのでおすすめですよ♪

こうすることでお肌の乾燥を防ぎながら、化粧水本来の力を発揮して
しっとりとしたお肌になれます☆

その後のケア

化粧水の後は美容液を使う場合や、最後に乳液やクリームなどでフタをしますが
これらは化粧水の水分がお肌にしっかりとなじんでからつけます。

化粧水でびしゃびしゃのまま塗ってしまうと、乳液やクリームの濃度が低くなり
保湿機能そのものが低下してしまうのです。
もちろん、待つといっても待ちすぎると逆にお肌の乾燥を引き起こしてしまうので
優しくハンドプレスして「なじませて」その段階で乳液やクリームをつけましょう。

そうすることで、化粧水やそのあとのスキンケアの効果を最大限発揮できます!

 

girl-1358371_640

いかかでしょうか?
夏といえど、疲れやクーラーの冷えなどもありますので、
ゆっくりお風呂に入って、その後のケアもしっかりして美肌をキープしちゃいましょう♪

419 views

PAGE TOP