日常生活に潜む肩こりの原因!予防法は?

こんにちは♪

ジェイウォーカースタッフAです(^▽^)/

急ですが、、私肩こりがすっっっごく酷いんです。。。
a91b3e2bbb2e9d6b0ed4e5980a1efb95_s
最近美容室でもカラーの後に軽いマッサージをしてくれますよね。

その際に、男性の美容師さんにも引かれるくらいかちこちなんです!!

本当に悩みで、、。。

悩まれている方もきっと多いですよね。。

そこで本日は、【肩こりの原因】【予防法】をご紹介したいと思います☆彡

まず そもそも肩こりってなぜ起きるんでしょうか??調べてみました!!

~日常生活から考えられる要因~

1・同じ姿勢でのデスクワーク。
workspace-766045_640
長時間、同じ姿勢でパソコンに向かっていることで、
首や肩周辺の筋肉に緊張が続き、肩こりの症状があらわれます。

 
2・眼精疲労

パソコン、スマホによる長時間にわたる目の酷使。
また、メガネの度が合っていないなどの慢性的な目の筋肉の緊張や疲労が、
肩こりの症状を引き起こすことがあります。

 
3・運動不足による筋肉疲労と血行不良

日頃から体を動かしていないと、筋肉が使われないので、筋肉の緊張や疲労が起こりやすく、肩や首筋がこります。
さらに、運動不足は血行不良を招き、肩こりの発症の原因になります。

 
4・ストレスによる緊張

肉体や精神にストレスを受けると、筋肉を緊張させる自律神経の働きが活発になります。そのため、肩周辺の筋肉が緊張し、肩こりが起こります。一時的なものであれば問題ありませんが、連日ストレスにさらされ筋肉に過剰な緊張状態が続くと、肩こりが慢性化することがあります。

 
5・冷えによる肩の筋肉の緊張・自律神経の乱れ

寒い場所や冷房の効いた部屋でずっと過ごしていると体に不自然な力が入り、筋肉が緊張します。さらに、寒さによって自律神経の乱れを引き起こすために、筋肉の緊張が強まり、肩こりの原因となります。

 
みなさん、あるある~ではないでしょうか(p_-)。。

私もよく人に聞くのですが、肩こりの”コリ”を完全にとることはできないのです。
ただし!予防法がございます!!

~日常生活からできる予防~

1・身体を動かして血行をよくする

体に負担が少なく、全身の筋肉をバランス良く使う運動を、少しずつでも行うようにしましょう。ウォーキングやサイクリング、水中ウォーキング、ストレッチ、ラジオ体操などがおすすめです。

workspace-766045_640
出典:Thomas Rousing

 

2・首や肩を冷やさない

夏のエアコンによる冷やしすぎや、冬の寒さに身を縮める筋肉の緊張は、肩こりの原因です。
冷気をなるべく避け、蒸しタオルやカイロなどを使って、肩と首を温めましょう。

 
3・仕事の環境を見直す

パソコンの画面との距離は40cm以上離し、目線が下になるように位置を調節しましょう。そして、背筋を伸ばして椅子に深く腰掛け、キーボードは自然に手をおいたときに、ひじの角度が90~100度くらいになるようにしましょう。デスクワークが続く場合は、1時間に1回は伸びをするようにしましょう。

これなら、簡単に普段の日常で取り入れる事ができますよね♪

肩こりでお困りの方は少し上記の点を意識してみてください♪♪

完全に”こり”が改善されなくても
少しでも身体が楽になっただけでも気持ちも楽だと思います!

ぜひ、お試しくださいね♪

900 views

PAGE TOP