梅雨時期のスキンケア対策

こんにちは!
JAYWALKERスタッフです♪

とうとう6月ですね!

早いもので年明けから半年です…

そんなこんなで沖縄では既に梅雨入り宣言されていましたが

いよいよ本格的な梅雨が始まります。
rain-758107_640

ジメ~とした気候が続くこの季節。
お肌にも色々なトラブルが待ち構えています。

春から夏の紫外線対策だけではなく
梅雨時期のスキンケア対策も大事です

今日は気を付けるべくポイントをご紹介します★★

湿気や気温が高くなってくるこの季節はお肌のバランスが大切。

気温が高くなるにつれて汗や皮脂の分泌も増えてきます。

そこに空気中の湿気で顔がベタつくと
肌にかゆみなどが起きやすくなります。

バランスの良いお肌は、ほどよい汗と皮脂が混ざり
皮脂膜として肌を守ってくれるのですが

梅雨時期はバランスが乱れがち。
3de8babea6119fba556ae3bc6c0140ba_s

更に過剰な皮脂や汗は、お肌の汚れが溜まりやすくなったり
皮脂バランスを崩したり!!

そうして肌トラブルの原因となるだけでなく、お肌表面のバリア機能までも低下させてしまいます。

毎日家で過ごすワケもいかず、お出かけ先や仕事中等は
洗顔やスキンケアをするのは難しいので

湿ったタオルなどでお肌を軽く押さえたり
油取り紙を使う(使いすぎは絶対NG)などお肌を清潔に保つ事をお忘れなく。

そして曇りや雨の日が多いこの時季は、紫外線がなくなっているわけではありません。

むしろ、梅雨の間の紫外線量は、真夏のそれとほぼ同等と言われ、日焼けを起こすUVB波が若干弱いだけ。

蓄積して、シワの原因になるUVA波は日々降り注いでいますので
毎日のUVケアは怠らないようにしましょう!

雨だし…梅雨で曇ってるし…という油断が後になって
しっぺ返しに合うのです!!

また、年齢が出やすい首や手などもUVケアを忘れず!
812069ac345a55b3b6b445a3294a3459_s
顔はぷるツヤでも、ふと首や手を見ると年齢が……分かっちゃうんですよねコレが。
顔同様しっかり保湿ケアをしてあげるのもポイントです。


最後に梅雨の化粧崩れを防ぐ技をご紹介★

すぐでも試せるので是非実践してみてください!

洗顔は皮脂が気になるところのみ2回洗う(顎先やTゾーンや小鼻)

この時期の化粧崩れは過剰な皮脂にあります。
上手に皮脂をコントロールして日中のメイク崩れを防ぎましょう!

洗顔派の方はしっかりときめ細かな泡をたてて行いましょう。
W洗顔不要派の方はゆっくりとメイクになじませ、特に汚れが気になる所は念入りに行いましょう。

またこの時期は、潤っていると錯覚しがちですが
実は冷房や除湿、紫外線などの影響で乾燥しやすく
過剰な皮脂分泌を行っている事もしばしば。

手に取るタイプの化粧水は一度手のひらでじっくり温めて
丁寧に肌を押さえ、たっぷりと潤いを与えます。
29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

ミストタイプの化粧水は一度吹き付け、手のひらで抑えてから
もう一度吹き掛ける二度付けがオススメ。

メイクの時は崩れやすいところはベースメイクを薄めにし
ファンデーション等の油分が多い物をなるべく減らします。

目元やTゾーン、小鼻や鼻の下、ほうれい線等は
特に崩れやすく、崩れた時に目立ちやすいので

化粧崩れを防ぐ下地を上手に使い
梅雨時期のお肌トラブルを楽々回避しましょう!!

524 views

PAGE TOP