お酒と美容の良い関係!?

こんばんは!

Jaywalkerstaffです♪

気が付けばもう1月も後半、、、
早い。早すぎる。。

そんなこんなで忘年会・新年会・女子会等々、、

今回のBLOGは飲みの席がとても多い方必見です!!

お酒を飲む=悪いイメージ
が先決しちゃいますよね。。

なんだか嫌悪感が働いちゃったり
太るイメージがあったり。。

そんな方に朗報です。

「飲むだけで美容効果を発揮するお酒」
があるのを知っていましたか??
それではご紹介していきますね

8df9cc62c72b3e97d8e9daeb2df0e176-300x199


 

■ビール

beer-1290633_640

肌を美しく保つビタミンB2、B6、B12をはじめ、粘膜を保護してくれる葉酸
コラーゲン生成に必要なパントテン酸、不足すると乾燥肌をまねくカリウムなど
美肌に欠かせない栄養成分が含まれています

更にはビールの原料であるホップに含まれるフィストロゲンという成分が
女性ホルモンと似た働きをするため、女性ホルモンの崩れによって起こる
更年期障害の症状や冷えや肩こり、腰痛など女性特有の悩みを解消してくれる

理想は中ビン一本程度。
飲みすぎると体が冷えてしまうので適度にが鉄則。


 

■ワイン

glasses-341552_640

渋みと色の成分であるポリフェノールは体中の細胞を酸化させて
老化を促進させてしまう活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果的
白よりも赤の方がポリフェノールがより多く含まれているそうです。

利尿作用が高まり、新陳代謝が活発になり、余分な水分や老廃物を排出でき
代謝がよくなることでダイエットにもなる
これでむくみも解消。
特に白ワインに多く含まれているカリウムのおかげらしいです。
さらにカリウムは血圧も下げてくれる、といいことずくめ。

適量はグラス2杯程度。
女優さんがこぞって愛飲するわけですね。


 

■焼酎

liquor-1335556_640

芋焼酎にはポリフェノールの1種であるアントシアニンが含まれており、美白作用が期待できます。

焼酎は純粋なアルコールに近いため分解されやすく、二日酔いにもなりにくい。
しかも糖質がないので太りにくい。
焼酎をお湯で割って12~15度にして寝酒に飲むと、その日のストレスをきれいに解消してくれる

なんといってもストレスは美容の大敵。
一杯の寝酒が寝つきをよくしてくれるそう。

適量は0.6合。割ってゆっくり飲みましょう。


 

■日本酒
おちょこ
おちょこ / june29

日本酒の原料に含まれるコウジ酸には、シミやほくろの原因になる
メラニン色素を抑制します。
だから、美白効果が期待できます。

また、日本酒に含まれるアミノ酸は、肌をしっとりさせ艶を与える美肌効果も。

日本酒のうまみ成分であるaGGがヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させるそうです。

適量は1合。

確かに日本酒を飲んだ次の日は肌の調子が良い気がします。
美味しいですもんね。日本酒。


さてさてご紹介してきた上記のお酒。

お酒は美容の敵だ!と思い嫌悪感を抱いていた方も
少なからず居るのでは・・・?

今日からはストレス無く良いお酒になると良いですね♪♪

出典:どうせ飲むならキレイに! 美容に良い効果をもたらしてくれる美味しいお酒って?

213 views

PAGE TOP