【付属ではダメ?】メイクブラシが必要になるわけ

こんにちは!
JAYWALKERSTAFFです!

年始で忙しない日々がつづきますが
みなさまお体壊さないようお気を付け下さい~!

————————————————————————————

さて本日は

メイクブラシに関しての話題です。

8f4b5ece64ca4f49e5b9e814a20436a4_s


「メイクするならメイクブラシで!」

そういう風にみなさんよく言われますよね。

ではなぜ 付属のものではダメで メイクブラシがいいと言われるのか
理由はご存知でしょうか

意外となんとなく いい! って言われるから使っていた・・・なんて方も多いかもしれません

アイシャドウパレットやチークに付属されているブラシ。確かに便利ですが、ブラシの大きさや質によって、メイクの完成度はかなり左右されます

付属のものだと小さすぎてうまくぼかせなかったり、毛質が悪くて色味がキレイに出せないなど、デメリットも多々あるんです。

出典:http://www.glitty.jp

 

付属のブラシにはデメリットがあるんですね。

しかしながら絶対にダメということはございません。

指でのせるとしっかりつき、
ブラシでのせるとふんわりとつき、
付属で多いチップはその中間くらいのつき具合になります。

メイクがお上手な方は使い分けも可能でしょう。

でもなかなか難しいですよね

abb7d69fe68d22cd55ed4fd790022713_m


でもやっぱりブラシがいい理由!

やっぱり極めつけは今の主流といってもいい

ナチュラルメイク思考

濃いめのカラーをうまくぼかし、違和感のないようにしてくれるメイク道具
ナチュラルでより綺麗にを叶えてくれるのが メイクブラシなのです。


正直どんなブラシを選べば正解かわからない・・・

様々なブランド、様々な形のブラシが存在するので
本当に難しいことだと思います。

プロのメイクアップアーティストが選ぶポイントとしては

【1】付けたい幅と、ほぼ同じ幅のブラシを選ぶ。
【2】希望の粒子サイズに、適量削ってくれる毛質を選ぶ。
【3】粉含みの良いブラシを選ぶ。

出典:http://b.hanasaki.jp/

 

を抑えて自分にあったブラシを見つけましょう★

 

 

 

 

249 views

PAGE TOP