時間をかければ綺麗になる?無駄にならない保湿の仕方

 

こんばんは!
JAYWALKER STAFFです!

 

最近寒暖差が激しいですね。

肌バリアを保護するためにもしっかり保湿しないといけませんね!

化粧水に美容液に乳液に・・・

いやちょっと待った!

知ってて得をするスキンケアのホントはなんだと思いますか?


 

皆さんもちろん、お風呂上りや洗顔直後に化粧水をつけていますよね。

化粧水は、すぐつけてあげて下さい。

気をつけたいのは、美容液・乳液なんです。

乾燥してしまうのを気にして化粧水のあと、美容液・乳液できるだけ早くつけたほうがいいのでは?

と考える方が多いです。

ですがこれが落とし穴なんです。

woman-400574_640

 

乳液の役目は、肌の角質の水分が逃げないように保護することです。

蓋のような役目があります。

化粧水をつけた直後は、化粧水が肌にまだ浸透していないので、乳液をつけるには早すぎます。

化粧水がびしょびしょの状態で乳液をつけると、乳液の濃度も低く・・・

結果、塗り方にむらができたり、乳液の保湿機能そのものが低下したりするのです。

 

化粧水をつければ、7c7f3e84ce980e6c1ef12f1b1958699c_sしばらく待つ。

化粧水が肌に浸透していく、大事な待ち時間。

もちろん待つとはいえ、肌が乾燥するまで待つのではなく、なじむまでです。

肌になじんできた段階で乳液をつけることで、乳液の膜ができ、水分の蒸発を防ぐことができるようになります。

 

化粧水と乳液のポテンシャルを、最大限に引き出すことができるのです。

952 views

PAGE TOP